×

遠藤航と対決、長谷部誠は「とてもインテンシティの高いゲームだった」。フランクフルト対シュツットガルト1-1ドロー

シュツットガルトの遠藤航(左)、フランクフルトの長谷部誠(右)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

鎌田大地は腰痛で欠場。次戦はアウェーで2位ライプツィヒ戦。

[ブンデスリーガ 24節] フランクフルト 1-1 シュツットガルト/2021年3月6日(日本時間7日)/コメルツバンク・アレーナ

 ドイツ・ブンデスリーガ1部、アイントラハト・フランクフルトとVfBシュツットガルトの一戦は互いに譲らず1-1で引き分けた。フランクフルトの長谷部誠はボランチでフル出場、日本代表MF鎌田大地は腰痛でベンチ外に。一方、シュツットガルトの日本代表MF遠藤航もフル出場を果たした。

 ルカ・ヨヴィッチとアンドレ・シルバが先発で並んだフランクフルトがシュート数20本対8本(枠内7本対1本)と攻め続けた。それでも先制を許しながら同点に追いつく展開に、アディ・ヒュッター監督は「後半のような戦い方ができれば、さらにたくさんことが可能になっていくはずです」と、チームとしての可能性を感じ取っていた。

 また、長谷部は公式サイトで次のようにコメントしている。

「とてもインテンシティの高いゲームでした。前半はたくさんのスペースを相手に与えてしまい、苦戦を強いられました。後半はそこが改善されました。ホームで勝利し、順位を上げられなかったことは残念です。とはいえ、私たちは最後まで全力を尽くしました。

 さらにライプチヒで、次なる難題が待っています。ただライプツィヒはチャンピオンズリーグの試合(日本時間11日、アウェーでのリバプールFC戦/第1戦は2-0でリバプール勝利)があり疲労もあるはずなので、可能であれば、私たちはそこを生かしたいですね」

 フランクフルトは11勝10分3敗(47得点・33失点)の勝点43で4位。現地3月14日(日本時間同23:30)、10ポイント差をつけられている2位のライプツィヒと対戦する。

注目記事:本田圭佑がネフチ・バクー加入で合意。「数日中に到着」と地元メディア。アゼルバイジャン初の日本人選手誕生へ

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads