×
×

【G大阪】新たに選手1人・スタッフ1人が新型コロナ陽性、クラブから計8人に

トピックス・ニュース, Jリーグ

ガンバ大阪

サカノワスタッフ

(C)SAKANOWA

濃厚接触者が確定されるまで、活動休止に。5日の検査では全員陰性、7日に練習再開したが――。

 J1リーグのガンバ大阪は3月8日、新型コロナウイルス感染症のPCR検査をトップチームの選手とチームスタッフを対象に実施した結果、新たにトップチームの選手1人、チームスタッフ1人に陽性判定が確認されたと発表した。チームからの同ウイルスの陽性反応が認められたのは、これで選手6人、スタッフ2人の計8人に。

 今回陽性反応が確認された二人は現在、発熱や体調不良の症状はなく、隔離、療養している。その結果を受けて、速やかに陽性者の隔離を実施し、吹田保健所の調査のもと濃厚接触者の特定を早急に行っている。

 濃厚接触者が特定されるまで、トップチームはチーム全体での活動を休止する。

 現時点で、G大阪は関係機関との協議を続け、濃厚接触者の特定・隔離、感染予防策のさらなる徹底を図り、10日に予定されているJ1リーグ3節の大分トリニータ戦の開催を目指す方針である。一方、今後の試合開催などについては、引き続き関係各所と協議のうえ、改めて案内する。

 G大阪は3月2日から3日にかけて、選手4人・スタッフ1人の新型コロナウイルスの陽性反応が確認されて、3日のアウェーでの名古屋グランパス戦が延期に。また、さらに選手1人の陽性が確定されて、6日のホーム開幕として組まれていた鹿島アントラーズ戦も延期された。

 5日の全選手・スタッフ対象の検査では全員の陰性が確認されて、7日に全体練習を再開させていた。

注目記事:本田圭佑がネフチ・バクー加入で合意。「数日中に到着」と地元メディア。アゼルバイジャン初の日本人選手誕生へ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads