×

【U-24日本代表】バチバチが収穫。菅原由勢がアルゼンチンとの真っ向勝負「必ず五輪につながる」

オンラインによる取材に応じたU-24日本代表の菅原由勢。協力:日本サッカー協会

勝利への鍵は――。「やはりセカンドボールの球際の強さや巧さは、南米選手には独特なものがある」

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 0-1 U-24アルゼンチン代表 /2021年3月26日/東京スタジアム

 U-24日本代表は3月26日、U-24アルゼンチン代表との親善試合を0-1で落とした。スコア上は最少差だったが、試合の主導権は常に握られるなど、アルゼンチンの試合巧者ぶりと規律の浸透が光った内容だった。中2日の29日、北九州スタジアムで第2戦を行う。

 東京オリンピックに向けた南米予選1位の強豪との貴重な強化の場に。4-2-3-1の右サイドバックでフル出場した菅原由勢(AZアルクマール)は、試合後のオンラインによる取材で次のように振り返った。

「何ができて、できなかったのか、もっと突き詰めていきたい。チームとしてのいい収穫も、悪い収穫もありました。この経験であり、アルゼンチンとバチバチやり合えたことが、必ず(東京)五輪につながってくると確信しています。結果はついてこなかったですし、とても悔しいですが、もう1試合あります。結果と内容を突き詰めていきたいと思います」

 また、具体的に次のような課題を挙げていた。

「攻撃でいい形を作れている時もあれば、作れない時もあり、そこのメリハリや質は見直したいです。やはりセカンドボールの球際の強さや巧さは、南米選手には独特なものがあり、ほぼ勝てないシーンがありました。そこで勝っていければ主導権を握り、自分たちの時間も作っていけるので、次の試合に向けて、もう一段階、チームとして意識していければと思います」

 名古屋グランパスからAZへの(レンタル期間を経ての)完全移籍が決まってから、ちょうど1年が経った。昨年には国際Aマッチデビューも果たしている。中2日でのアルゼンチンとの福岡・北九州ラウンドに向けて、20歳の菅原は「まずしっかりコンディションを極力100パーセントまで持っていくことが大事」と、前を見据えていた。

注目記事:【日韓戦】冨安出血…VARがあれば4原則の対象、韓国FWはレッドカード相当

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads