×

「絶対に来ると備えていた」湘南GK谷晃生がU-24日本代表デビュー、シャットアウトで飾る

U-24アルゼンチン代表を無失点に抑えたU-24日本代表の谷晃生。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

U-24アルゼンチンにリベンジ!湘南に期限付き移籍して2年目、「このチームにつなげたい思いは強かった」。

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 3-0 U-24アルゼンチン代表 /2021年3月29日/北九州スタジアム

 U-24日本代表のGK谷晃生がU-24アルゼンチン代表との第2戦で先発フル出場を果たし、3-0のシャットアウト勝利に導いた。谷にとって、このチームでのデビュー戦に。2019年のU-20ワールドカップを前にしての長期離脱などを乗り越え、昨年ガンバ大阪から湘南ベルマーレへの期限付き移籍を決断した20歳の守護神候補が、1年延期されたことで、五輪メンバー入りへの挑戦権を掴んだ。

 日本のタイトな守備と高い集中で、ほとんどピンチを作らせなかった。とはいえ一つの小さなミスが大きな綻びになり得る。一瞬で流れはたちまち変えてしまう、それが強豪アルゼンチンである。

「声を掛け合い、できるだけコミュニケーションを取れて良かったです。チームがいい状態でゲームを進めているなか、あれだけシュートが飛んでこず、自分のところでプレーすることがないなか、しかし『絶対に来るだろうな』とは思って備えていましたし、そこで集中を切らさずできました」

 様々な試合、様々なシチュエーションを経験してきた。しかも高いレベルで。それがGK谷の重要な滋養になっている。それを改めて実感する勝利となった。

「試合を重ねるにつれて、いろんな状況を経験できて、この代表戦にもつなげられました。また、前の負けた試合で相手の特長も分かっていましたし、チーム全体としてよく守れました。ディフェンスラインを高く保ち、常にいいポジションを取りながら、ディフェンスの状況を見ながら、行けるのか行けないのかを判断できました」

 谷にとって、この世代でのデビュー戦であり、そこで「結果=無失点」を残した。

「五輪世代の代表に何回か呼んでもらってはきましたが、なかなか試合に絡めずにいました。僕自身、こうした試合で初めてスタメンで出られて、自分のプレーを思い切ってやろうと思いました。アグレッシブに、積極的に、自分の良さを出し、最後尾からしっかり声を掛けて統率してやれれば、全然できると思っていました。自信を持ってできました」

 東京五輪世代の争いに加わった。何より湘南への期限付き移籍が、重要なターニングポイントになったのは間違いない。

 谷は言う。

「J1という舞台で試合に出ることを目標に湘南に移籍し、昨年実現できました。それをこのチームにつなげたいという思いは強かった。今日こうして1戦目、デビュー戦を迎えられて、湘南ベルマーレにも感謝しています。ただ、まだ始まったばかり。ここからもっともっと、しっかり試合出場できる機会を増やしていけるようにやっていきたいです」

 北九州での決戦を終えて湘南に戻る守り神は、「今まで通り、チームを勝たせるキーパーになりたい。勝ちに貢献できるキーパーになっていきたいです」と、自信を胸に前を向いた。

注目記事:【U-24日本代表】鳥栖から日本のビーストへ!林大地がアルゼンチン相手に渾身ゴール

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads