×

【U-24日本代表】鳥栖から日本のビーストへ!林大地がアルゼンチン相手に渾身ゴール

U-24日本代表の林大地がU-24アルゼンチン代表から先制点!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

さらに久保建英のCKから板倉滉が2得点!日本が3-0快勝!

[SAISON CARD CUP] U-24日本代表 3-0 U-24アルゼンチン代表 /2021年3月29日/北九州スタジアム

 東京オリンピックまであと約4か月と迫るなかで組まれた国際親善試合「SAISON CARD CUP」U-24日本代表対U-24アルゼンチン代表の第2戦、日本が3-0の快勝を収めた。林大地が渾身のゴールを突き刺して先制点。さらに久保建英のCKから板倉滉がヘッドで2発! アルゼンチンに決定機を作らせず、無失点に抑えた。

 日本は26日の第1戦(●0-1)からスタメン9人を変更。久保建英がトップ下で2試合連続、板倉滉はセンターバックからボランチにポジションを変えて、そして最終ラインは全員の顔触れを変更して試合を迎えた。

 日本は立ち上がりから球際に激しく行き、最終ラインも高く保ちコンパクトに陣形を保ったまま敵陣で試合を進める。そしてややスペースができてきた前半終了間際の44分、CB瀬古歩夢のロングフィードから林がGKのタイミングを外してシュートを突き刺す。鳥栖から日本のビーストへ――メンバー入りへの挑戦権をしっかり掴むゴールをアルゼンチン相手に決めた。

 後半は立ち上がりのアルゼンチンの攻勢を抑えると、再びホームの日本が敵陣で試合を進める。そして68分、73分、立て続けに久保の左コーナーキックから、板倉がジャンプヘッド、さらにダイビングヘッドで2ゴール! 日本が3-0で勝利を収めた。

 キャプテンマークを巻いた板倉は「チームが勝つために何ができるか。勝利を届けることができて嬉しく思っています」と喜んだ。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads