×

【岐阜】選手3人陽性、15日までチーム活動休止。11日の沼津戦は中止延期

(C)SAKANOWA

保健所の指導を受けて。選手の家族2人もPCR検査で陽性の診断。

 J3リーグのFC岐阜は4月6日までに、トップチームの選手3人が新型コロナウイルス感染症の陽性の診断を受けたと発表した。また陽性判定を受けた選手1人の家族2人がPCR検査の結果、陽性の診断を受けた。陽性の選手・スタッフとの濃厚接触者が不明確で、無症状のウイルス保有者がいる可能性を否定できないため、岐阜市保健所からの指導を受けて、トップチームを1日から15日まで一時活動休止すると発表した。

 岐阜市保健所からは陽性者を除いて、濃厚接触者の自宅待機とトップチーム選手・スタッフのチームとしての活動を最終接触日の4月1日から15日まで自粛するよう要請を受けた。 これを受けて選手・スタッフとその家族、また試合開催に関わる全ての関係者や来場者の安全を守るとともに、新型コロナウイルス感染症の早期収束を図るため、岐阜は15日までのトップチームの活動を一時休止すると決めた。

 今後に関しましては、Jリーグ、岐阜市保健所と協議を重ねて活動再開を目指す。

 これを受けて、11日のJ3リーグ5節のFC岐阜対アスルクラロ沼津(16:00キックオフ/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)の中止・延期が決定した。

 岐阜の宮田博之社長は、次のようにコメントしている。

「この度、岐阜市保健所より陽性者を除き、濃厚接触者の自宅待機について4月1日(木)から4月15日(木)まで要請されました。これを受けましてクラブとしましても保健所の要請を重く受け止め、チームとしての活動を自粛いたします。また4月11日(日)に開催を予定しておりましたアスルクラロ沼津戦につきまして、Jリーグ、アスルクラロ沼津様と協議の上、開催中止を決定いたしました。

 試合を楽しみにして頂いておりました両クラブのファン・サポーターの皆様、アスルクラロ沼津関係者の皆様、そしてFC岐阜に関わるすべての皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。クラブとしましては、岐阜市保健所の指導のもと、感染拡大防止および感染経路の特定などを行うとともに、より一層の新型コロナウイルス感染症対策を徹底励行し、感染拡大の防止に努めてまいります」

注目記事:日本人選手の市場価格トップ10。久保建英3位に。”初”の1位は23億4000万円あの選手!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads