×

【日本代表 先発布陣】古橋亨梧を最前線に配置。2列目は鎌田・南野・伊東。ゲームキャプテンは長友佑都に!

(C)SAKANOWA

FIFAランキングはセルビア25位、日本28位。ボランチは橋本&守田。

[キリンチャレンジカップ] 日本 – セルビア/2021年6月11日19:25/ノエビアスタジアム神戸

 キリンチャレンジカップ2021、日本代表(SAMURAI BLUE)対セルビア代表のスターティングメンバーが発表された。FIFAランキングはセルビアが25位、日本が28位。日本のゲームキャプテンは長友佑都が務める。

 日本にとって欧州勢との対戦は、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦(●2-3)以来、森保一監督の就任後は初めて。

 日本は古橋亨梧を最前線のワントップに配置。2列目は左から南野拓実、鎌田大地、伊東純也という顔触れに。

 また最終ラインは左から長友、谷口彰悟、植田直通、室屋成という4人。ボランチは橋本拳人、守田英正が組む。

 ゴールキーパーは、タジキスタン戦に続いて権田修一が選ばれた。

 森保監督は試合前日の記者会見で、次のようにこの一戦を位置付けていた。

「セルビアという強豪と試合ができて楽しみ。我々が世界で勝っていくための基準を知ることのできる、最高の対戦相手です。セルビアは攻撃も守備もインテンシティが高く、時間とスペースがないなかでの戦いになります。そこで我々がどれだけ相手を上回っていけるか。選手たちには思い切りトライしてほしいと思います。実際にはFIFAランキングの25位以上の力を持っていると思います」

 また元名古屋グランパスの伝説であるピクシー、セルビアのドラガン・ストイコビッチ監督は、次のように日本対策を口にしていた。

「スピードも、テクニックもあります。ドリブルが得意な選手もいますね、特に右サイド(伊東)。それにカマダもいい選手。ミナミノはどこに入るのか、試合が始まってみないと分かりません。攻撃的な選手の特に走るスピードだけではなくパスのスピードに、私たちは警戒しないといけません」

 森保ジャパンのスタートから約3年、日本の現在地を知る有意義な機会にしたい。

 日本の先発は次の通り。

GK
権田修一

DF
室屋 成
植田直通
谷口彰悟
長友佑都(キャプテン)

MF
守田英正
橋本拳人
伊東純也
鎌田大地
古橋亨梧
南野拓実

注目記事:【日本代表】ストイコビッチが日本語でダメ出し、吉田麻也「テクニック」を見せつけたかった!

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads