×

目指せ3チームメダル獲得。ブラインドサッカー日本代表も五輪男女と統一ユニで東京パラリンピックに挑む!『TEAM FOOTBALL JAPAN2020』結成

(左から)東京五輪男子代表の吉田麻也、パラ代表の川村怜、なでしこジャパンの熊谷紗希。(C)JFA

サッカーファミリーが一体となって応援し、性別や年齢、障がいの有無などの違いを超えて人々が絆を深め合うことを目的に。

 日本サッカー協会(JFA)は6月30日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とともに『TEAM FOOTBALL JAPAN2020』を結成した。

「TEAM FOOTBALL JAPAN2020」は、東京オリンピック、東京パラリンピックに出場するサッカー男子(U-24日本代表)、サッカー女子(なでしこジャパン)、5人制サッカー(ブラインドサッカー男子日本代表)をサッカーファミリーが一体となって応援し、性別や年齢、障がいの有無などの違いを超えて人々が絆を深め合うスポーツの価値を伝えることを目指す。

 今回、東京オリンピックに臨むサッカー男子(U-24日本代表)、サッカー女子(なでしこジャパン)、そして5人制サッカー(ブラインドサッカー男子日本代表)の3チームが、初めて同一のユニフォームを着用して試合に臨む。今回キャプテンである、なでしこの熊谷紗希、男子代表の吉田麻也、パラ代表の川村怜が一緒に揃った写真も公開された。

 JFAは「多くの皆さまにTEAM FOOTBALL JAPAN2020の趣旨に賛同していただきながら、自国開催のオリンピック・パラリンピックの機運を高め、コロナ禍における同大会の成功に寄与したいと考えています」としている。

 また、30日に記者会見を行った田嶋幸三会長は「いよいよ本番に向けて最終段階に入っています。今大会はU-24日本代表、なでしこジャパン、5人制サッカー日本代表の3チームが揃って出場する初の大会になります。大会の機運を高めながらスポーツの素晴らしさを発信していきたいと思います」と期待を寄せた。

記者会見を行った(手前から)日本障がい者サッカー連盟北澤豪会長、JFAの田嶋幸三会長、Jリーグ村井 満チェアマン、日本ブラインドサッカー協会の塩嶋史郎理事長(日本女子プロサッカーリーグの岡島喜久子氏チェアは動画でコメントを寄せた)。(C)JFA

注目記事:マンCが鎌田大地を獲得!?ペップの好むタイプ、グリーリッシュ補強失敗の場合に地元メディア“推薦”

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads