×

【仙台0-0浦和】槙野智章に頭突きとキック、フェリペがイエローカード

浦和の槙野智章。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

両チームともにチャンスを作り出すもののスコアレスドロー。

[J1 21節] 仙台 0-0 浦和/2021年7月3日19:03/ユアテックスタジアム仙台

 J1リーグ21節、ベガルタ仙台対浦和レッズは、両チームともにチャンスを作り出したものの得点できず、スコアレスで引き分けた。

 仙台は前半途中に西村拓真が負傷するアクシデントが発生。22分、フェリペ・カルドーゾとの交代を余儀なくされる。

 浦和はキャスパー・ユンカーと小泉佳穂が相手の背後を巧みに突きながらゴールに迫り、惜しいチャンスを作り出していく。しかしGKヤクブ・スウォビィクを中心とした仙台の壁を破れない。

 一方、仙台も鋭いカウンターとセットプレーからゴールを脅かしたが、決定機は限られた。

 ただこの試合の後半アディショナルタイム、両チームの選手が揉み合う場面があった。

 仙台の敵陣でのフリーキックのチャンスで、フェリペ・カルドーゾに槙野智章がマークにつく形に。仙台のキックは精度を欠いてそれたが、ボールの落下点のポジションを巡る競り合いで、槙野に動きを止められていたフェリペが左足を振り上げて槙野を蹴り倒す。そして立ち上がって怒りをぶつける槙野の顔に、今度は頭をぶつけた。

 それに対し、主審はイエローカードを提示。さらにフェリペ・カルドーゾの行為により揉み合いが続き、主審もVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に確認を取っていた。

 試合はそのままスコアレスドローで終了。両チームが勝点1を分け合う形になった。

 槙野は試合後の取材に応じ、「上手く守られた印象。数多くあったチャンスを決め切れないと、カウンターを食らい危ないシーンも何回かありました。ここ数試合は決め切る力を見せてきましたが、今日は数多くのチャンスを上手くスウォビィク選手に防がれてしまいました。お互いが勝点3のために戦った、いい試合だったかなと思います」と振り返った。

 また、フェリペ・カルドーゾは、「難しい相手との試合だと分かっていました。タフである西村選手のケガは悲しく思います。自分にとっては、リズムを取り戻すため長い時間プレーできたのは良かったと思います。90分通してよく耐えたと思いますし、自分たちもチャンスを作り出せました。デェエルが激しい試合になり、学ぶことも多く、悔しい試合になりました。目標に向かって練習していきたいと思います」と語った。

 浦和の守備陣について聞かれると、「本当に高くて強い選手が揃っているいいチームだと感じました。そういった難しい相手に貴重な勝点1を掴めたと思います」と評していた。

注目記事:マンUが冨安健洋の獲得合戦に参戦!トッテナムと「真っ向勝負」。東京五輪、U-24日本代表の“柱”

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads