【鹿島】ゴールで結実、エヴェラウドがアラーノにした「ただ一つの要求」とは?

鹿島のエヴェラウド。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

3試合連発16ゴール目!

[J1 28節] 仙台1-3鹿島/2020年11月21日/ユアテックスタジアム仙台

 J1リーグ鹿島アントラーズのFWエヴェラウドがベガルタ仙台戦、3試合連続となる今季通算16ゴール目を決めた。さらに前線へのチェイシングからファン・アラーノの2点目をお膳立て、そして上田綺世の3点目もアシストするなど、鹿島の「9番」にふさわしい圧巻の存在感を示した。

 貴重な先制点だった。後半立ち上がりの47分、レア・シルバから右サイドのファン・アラーノに展開。ファン・アラーノのダイレクトのクロスに対し、ファーサイドから仙台守備陣の死角を突いて中央に入り、ヘディングで豪快に叩き込んだ。

「前半に1本は仙台のゴールキーパーのファインセーブに止められ、1本はヘディングの方向を間違えて決められずにいました。そのなかで後半、いいクロスが来て、タイミングが合い、しっかりゴールに結び付けられました。その1点でチームが落ち着いてプレーできるようになり、追加点を奪えたと思います。チームが勝てて、非常に良かったと思います」

 エヴェラウドはそのように喜んだ。また、最近の“爆発”には、ファン・アラーノがフィットしてきたことも要因に挙げられる。エヴェはアラーノとの連係が向上している秘訣について、次のように明かした。

「ブラジル人同士なので、言語の問題はありません。僕が彼に一つだけお願いしたのが、深い位置に入った時、できればクロスをワンタッチで上げてほしいということです。そこで一度ボールをコントロールをされると、フォワードとしても、間を変えたり、ステップを踏み直したりしなければいけません。早いタイミングで上げてくれたほうが、やりやすいので、その要望を伝えました」

 FWの呼吸に合わせてほしい――。その一言で、チームはまた一つ新たな領域を開拓した。この日の3点目も、上田の駆け込むスピードに合わせて、エヴェラウドが丁寧に放ったクロスが結実したものだった。

 鹿島はリーグあと4試合、すべてホームで戦う。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場権を掴むためにも、鹿島のストライカーは「すべて決勝戦」の思いで挑むと誓う。

「上位の他チームの結果を意識するのではなく、ホームであと4試合できるアドバンテージをしっかり生かし、4回の決勝を勝ち抜くこと。相手どうこうより、自分たちがやるべきことをやるだけです。勝ち抜いて最終節に結果が出るかどうか。全員でその意識を持って取り組みたいです」

 ここからリーグ戦は終盤へ突入する。25日19時からは柏レイソルと対戦する。

注目記事:【大分1-0川崎】谷口彰悟がDOGSO+PKで退場、なぜ減罰されなかったのか?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads