×

【浦和】選手エントリー問題、JFAへ不服申し立てを正式発表

(C)SAKANOWA

「クラブ内で検討した結果、正式に不服申立をすることを決定いたしました」

 J1リーグの浦和レッズは7月6日、選手のエントリー問題で1日に発表されたけん責と「0-3敗戦」とする措置について、日本サッカー協会の「不服申立委員会」に対し、正式に不服を申し立てたと公式サイトで発表した。

 浦和は公式サイトで、次のように報告している。

「いつも浦和レッズをサポートいただきありがとうございます。 

 Jリーグより7月1日付で通告を受けた懲罰につきまして、クラブ内で検討した結果、正式に不服申立をすることを決定いたしましたのでお知らせいたします。

 近日中に不服申立文書を作成し、JFA不服申立委員会に提出いたします」

 この問題は、浦和のGK鈴木彩艶がU-24日本代表として6月5日と12日の国際親善試合のためチームを離れていた。Jリーグの公式検査を受けられなかったこの期間だが、日本サッカー協会(JFA)によるPCR検査を受けていて、鈴木は「陰性」の結果を受けていた。

 しかしクラブはJリーグ公式検査を受けられなかったということで、その結果を「Jリーグエントリー資格認定委員会」に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要があった。試合間の期間がほぼないなか「クラブの認識不足が原因」で、そのJリーグへの申請を怠っていたことが判明。その結果、6月23日、柏レイソル戦(〇2-0)での欠場が決まった。

 また20日の18節・湘南戦(●2-3)は試合へのエントリー資格がないことをクラブは確認できていないなか、鈴木をエントリー・出場させていたことも分かった。

 浦和はそうした事情をJリーグに報告。そして湘南戦について、「エントリー資格がない選手」を試合に出場させていたとして、「0-3」の敗戦扱いとけん責という非常に厳しい懲罰を受けた。

 Jリーグ側は一貫して、リーグサイドに問題はなかった、マッチコミッショナーにも非はなかったという認識を示している。

 Jリーグサイドは次のように説明していた。

「規約・規定の考え方として、ベースにあるのは、正しくエントリーする義務はクラブにあるということ。今回の件で言うと、その義務は浦和レッズにあります。一方、マッチコミッショナーの義務はありません。ただし(コミッショナーには)現場で両クラブが公正な状態で試合できるように努めるという立場で、チェック機能を持たせています。そのチェック機能を怠ったからと言って、何か規律委員会から罰を受けるという建て付けにはなっていないので、今回、規律委員会からマッチコミッショナーへの処分はありません。ただ、公正に競技をするというチェックの一旦を担っている事実はあり、改善の余地はいくつかあり、より公正に競技ができるようにしていきたいと考えています」

 また、Jリーグの村井満チェアマンは6日の実行委員会後のオンラインによる取材対応で、浦和のエントリー問題について、次のようにコメントしていた。

「いわゆるオン・ザ・ピッチ、選手の出場資格、判定に関するものは、すべて規律委員会のマターとなっています。チェアマン不介入の原則があり、私自身は規律委員会に参加できません。規律委員会のメンバーにもJリーグ関係者は入れません。今回の判定結果について、厳粛に受け止めています。今後こうしたチェック漏れが起こらない仕組みの構築については、継続して対応していこうと申し合わせています」

注目記事:「同様のケース表面化していない」Jリーグは全件調査しない方針。浦和のエントリー懲罰問題

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×