×

【メキシコ戦 採点】三笘薫が唯一高評価「4」。負担大きかった3人に最低点│東京五輪3位決定戦、日本代表銅メダルならず

【MAN OF THE MATCH=マン・オブ・ザ・マッチ】ホアン・バスケス(メキシコ)

チームを“前向き”にした上田綺世に及第点「3」。

[東京五輪 3決] 日本 1–3 メキシコ/2021年8月6日/埼玉スタジアム2002

 東京オリンピックの男子サッカー3位決定戦、日本代表はメキシコ代表に1-3で敗れ、ホスト国での53年ぶりのメダル獲得はならず。2012年のロンドン大会に続き4位に終わった。

 日本のスペイン戦での出場選手の採点・寸評をまとめた。通信簿にちなみ「5段階」評価。「MAN OF THE MATCH」(マン・オブ・ザ・マッチ)はホアン・バスケス。

▼採点の見方
ポジション

背番号 選手名 採点
寸評
※通信簿にちなみ5段階評価で採点。
「5」が最高、「1」が最低。
対象は原則プレー時間20分以上。

【オリンピック日本代表:メキシコ代表戦】
GK
12 谷 晃生 3
PKなど防ぎ切れない失点もあった。ただメキシコの緩急のあるセットプレーへの対策を詰め切れず。

DF
2 酒井宏樹 2
吉田とのスペースを、スピードで変化を付けられると苦しんだ。攻撃面での貢献度も物足りなかった。

5 吉田麻也 2
セットプレーへのゾーン守備、次第に一歩の出足が遅れていった。

14 冨安健洋 2
武器である怖さある守備が今回は空回り。

3 中山雄太 2(▽62分)
10番のディエゴ・ライネスによく食らいついていたが起点を作られた。守→攻へもう一工夫と武器がほしかった。

MF
6 遠藤 航 1(▽80分)
プレシーズンマッチから「8戦連続スタメン」。明らかに負担が重くのしかかり、不運なPK献上など失点に絡んでいった。森保監督が、大切な試合で、遠藤の最大限の力を引き出せなかったと言える。

17 田中 碧 2(▽71分)
ピッチを広く使ってボールを振りながら、テンポを変化させようとしたが、スイッチが入らず。川崎トリオで固めても面白かった。

7 久保建英 2
相馬の決定機を作り出すなど随所では力を発揮。右サイドに入った終盤のほうが存在感を示せていた。

10 堂安 律 1
惜しいクロス、決定的なヘディングシュートなど、光る場面はあった。しかしボールロストから、その処理に入った遠藤がPKを与えるファウル。攻撃に重心を置くことで後方にかけていた負担は相当で、だからこそ結果につなげたかった。

16 相馬勇紀 2(▽HT)
得意な形からの決定的なシュートは少し踏み込みが甘く枠外に。周囲との連係も欠いた。

FW
19 林 大地 1(▽62分)
結局ノーゴール。この日はプレッシングによる守備のスイッチも入らなかった。

▼途中出場
MF
13 旗手怜央 2(▲HT)
惜しいミドルとサインプレーのCKからの決定的なシュート。さすがにいずれも枠外では、全てが報われなくなる。

FW
18 上田綺世 3
(▲62分)
前を向いてボールを受けることで、三笘をはじめ全体が“前傾”になるなどチームの流れを変えた。左MFとともに準決勝に続いて、投入の時間帯はほぼ決まっていたのか。

MF
11 三笘 薫 4
(▲62分)
DF3人を置き去る強烈ショット。なぜ、3点差になってからの投入になったのか。森保監督の判断があまりに遅かった。

DF
4 板倉 滉 ー(▲71分)
三笘の突破を引き出すなど、プラスをもたらした。

MF
11 三好康児 ー
(▲80分)
4-3-3のインサイドハーフで、顔を出すなどパスを引き出す。が……すぐに吉田を上げるパワープレーになって、三好の良さを出せなくなった。

【厳選PHOTO】苦い涙をかじっても…日本、3位決定戦メキシコに完敗(20枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads