×

【オマーン戦】全選手ひと言「査定」。吉田は失点の場面「大きなミスというより小さなミスが重なった」。W杯アジア最終予選、日本代表が痛恨の敗戦

オマーンの歓喜を見つめる日本代表の久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

遠藤航も“迷い”を口にする。「どこを抑えるのか、どのようにプレッシャーをかけるのか定められなかった」

[W杯 アジア最終予選] 日本 0–1 オマーン/2021年9月2日19:10/市立吹田スタジアム

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第1戦、日本代表がオマーン代表に0-1で敗れた。FIFAランキングは日本24位、オマーン79位。B組の6チーム中、1位と5位の対戦だったが、ホームで落としまった。日本はこのあと7日(日本時間8日0:00)、カタール・ドーハで中国代表と対戦する。

 日本代表の出場全選手のひと言「査定」をまとめた。

【日本代表:オマーン戦】
GK
12 権田修一
セーフティというよりも弱気に感じる選択が目立ったのが気になった。結果、最後の失点にもつながってしまった。

DF 5 長友佑都
現在所属先で実戦の不足が懸念された。するとハンドのファウルを取られたがVARの介入を経て判定が覆る。ところが自身のサイドを崩され痛恨の失点。

DF 2 植田直通
引き出されたスペースを使われ、ビルドアップの精度も欠く。

DF 22 吉田麻也
時間が経つごとにラインを下げると、さらに植田も引いて間延びが生じ、縦パスをほとんどつけられず。失点シーンについて「大きなミスというより、小さなミスが重なった」。

DF 19 酒井宏樹
攻撃時に数的優位を作り出しても縦への仕掛けが一辺倒で相手に読まれていた。失点シーン、マークも外してしまう。

MF 7 柴崎 岳
プレー強度が後半途中から明らかに落ちた。ちなみに試合後、日本の選手たちがロッカーへ戻るなか、真っ先に主審・副審のもとへ行き、グータッチをかわし感謝を伝えていた。

柴崎岳。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

MF 6 遠藤 航
ボールを収めてから、誰へつけるのか。最後まで迷いが感じられた。「どこを抑えるのか、どのようにプレッシャーをかけるのか、チームで定められなかった」。

MF 9 鎌田大地(▼70分)
テンポが一向に上がらず。攻め続けている試合であれば“攻め残り”も有効だが、この日はチームへの貢献度が物足りなかったか。

MF 14 伊東純也(▼63分)
28分にチーム唯一の決定機を作った。背後を徹底して突きたかった。「サイドバックとのコンビネーションから崩せなかった」と課題を挙げる。

MF 8 原口元気( ▼HT ) 
所属元ではプレーしていない左MFでの起用。ボールロストから守備に下がり切れず、チームメイトから「きついな!」と声を掛けられる。ハーフタイムで交代に。

原口元気。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

FW 15 大迫勇也
空中戦で勝ち切れず、加えてボールを収められず。結果、下がってボールを受けることが増えて、前線の迫力を生み出せなかった。

◆交代出場◆
18 古橋亨梧(△HT)
左MFに入って攻撃にアクセントを与えたものの、他の選手との距離感が悪かった。

11 堂安律(△63分)
久保との感覚を生かしたコンビによる打開を期待されたが、いいところなし。ネガティブトランジションも明らかに遅れた。11人全体での関係性を高めたい。

17 久保建英(△70分)
前掛かりになり、守備への貢献が物足りず……。その強度の差もまた明暗を分ける一因に。

大迫勇也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

【PHOTO ギャラリー】久保建英、中国戦は頼んだぞ!(8枚) カタールW杯アジア最終予選 日本代表-オマーン代表

注目記事:10月1日までOK! 本田圭佑、長友佑都、塩谷司…Jクラブが獲得な日本人選手リスト

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads