×

内田篤人が大迫勇也の「手のグイっ」絶賛。神戸移籍前、一緒に練習していた――日本代表対中国代表、決勝ボレー!

大迫勇也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「いつの間にか血が出ていて…」。ワールドカップアジア最終予選で初勝利。

[W杯 アジア最終予選] 中国 0–1 日本/2021年9月7日18:00(日本時間8日0:00)/ハリーファ国際スタジアム(カタール・ドーハ)

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組の第2戦、日本代表(SAMURAI BLUE)が大迫勇也のゴールで中国代表に1-0の勝利を収めた。日本は同予選1勝1敗。

 DAZNのこの試合の中継の「裏チャンネル」で、元日本代表であり鹿島アントラーズで数多くのタイトルを獲得してきた内田篤人氏がタレントの矢部浩之氏とともに出演。元チームメイトである大迫勇也(ヴィッセル神戸)の「手」の使い方を絶賛した。また、大迫の神戸移籍前、一緒にトレーニングしていたことを明かした。

「自主練にちょっと付き合って、サコ(大迫)の後ろにピタっとつくディフェンスをやったんですよ、(新型コロナウイルス感染症対策のための)隔離期間のあとに。本当に上手い! この『手のグイっ』が全然違うんですよ」

 内田氏はボールキープの際、手でしっかり相手をブロックする“右手”の使い方を褒め称えていた。実際40分のゴールシーンでは、大迫が一度6番の大型DFジャン・グアンタイを制して、自身の間合いをキープ。その駆け引きを制し、伊東純也からのピンポイントクロスにしっかりボレーで合わせることに成功した。

「いつぶつかったか分からないところから血が出ていますからね。キープやポストプレーを学ぶ時は、大迫を見るべきです」

 そのように大迫のポストプレーは、まさに教科書になると推奨していた。

 日本はアジア最終予選、1勝1敗で4位。一方、中国は2連敗。

 このあと日本は10月7日にアウェーでサウジアラビア、12日にオーストラリアと対戦する。右MF伊東がサウジアラビア戦は出場停止となる。

注目記事:中国戦、大迫勇也が咆哮の渾身ゴール!│W杯アジア最終予選、日本代表が1-0勝利

【PHOTO】日本代表FW大迫勇也の一挙手一投足(6枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×