×

名古屋ACL8強進出!“クバ”シュヴィルツォクがハットトリック、大邱撃破

ACL大邱戦、名古屋のシュヴィルツォク(40番)がハットトリックを達成!(Photo by Masashi Hara/Getty Images)

中谷進之介がトドメの4点目。

[ACL ベスト16] 名古屋 4-2 大邱/2021年9月14日/豊田スタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦(ベスト16)、名古屋グランパス対大邱FC戦、名古屋のポーランド人FW“クバ”ことシュヴィルツォクがハットトリックを達成。名古屋が4-2で勝利を収めた。新型コロナウイルス感染症対策のため、この決勝トーナメントはすべて1回戦制となり、鮮やかな逆転でベスト8進出を決めてみせた。

 開始4分にプレッシングが甘くなったところでミドルを決められ、先制点を奪われてしまう。それでも12分、シュヴィルツォクが決めて同点とする。

 ところが28分、再び守備が甘くなったところ、フリーでクロスを上げられヘッドにより勝ち越される。

 後半は名古屋が主導権を握るものの、大邱のカウンターも冴えて、一進一退の攻防に。

 そうしたなか、途中出場の森下龍矢がチーム全体を活性化。果敢にプレッシングをかけながら、そのまま高い位置まで攻め上がる。

 そして63分、森下の意外とも言えるセクシーなクロスを、クバがヘッドで押し込み同点に! 相手が攻めるのか、守るのか動揺しているところを見逃さず、2分後、再びシュヴィルツォクが個で打開し、しっかりコントロールしたシュートを突き刺し、ついにこの試合初めて名古屋がリードする展開に。

 さらに79分、マテウスのコーナーキックを中谷進之介がヘッドで決めて、試合を決定づける。

 試合終盤には金崎夢生も投入されて、前からの重圧を弱めることなく試合を締め、名古屋が4-2で勝利を収め、日本勢一番乗りでアジア8強にコマを進めた。

【注目記事】
・【市場価格付き】Jリーグ獲得可能選手14選。テベス1億円、スターリッジ2億円。狙い目は6000万円の…

・カマヴィンガ躍動!久保建英の来季復帰へレアル・マドリードが迎える“過渡期”

・【血液型付き】日本代表の全選手PHOTOギャラリー。カタールW杯アジア最終予選メンバー24人

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads