×

本田圭佑の新天地はリトアニア!チーム名は「FKスードゥヴァ・マリヤンポレ」

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

トップリーグ9か国目、間もなく発表へ。

 ワールドカップ(W杯)に日本代表として3大会連続で出場し、現在フリートランスファーとなっているMF本田圭佑がリトアニア1部の「FKスードゥヴァ・マリヤンポレ」に加入することが濃厚となった。9月14日、現地メディア『15min』が報じた。間もなく加入記者会見が行われる予定ということだ。

 本田は9月11日、ユーチューブの自身公式チャンネルで「緊急報告」と題しライブ配信を実施。自身9か国目となる新たなチームが間もなく決定しそうだと報告していた。

 35歳のレフティはこれまで、日本、オランダ、イタリア、ロシア、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、アゼルバイジャンのトップリーグでプレー。一方、目標としていた東京オリンピック日本代表へのオーバーエイジでの参戦は叶わなかった。それでも「そこでモチベーションが落ちることはなかった」と現役続行を決め、「9か国目」のプレーを目指していた。

 新チームの“ヒント”としては、Jリーグ復帰は「考えていません」と改めて否定。視聴者からの「行ってみたい国は?」という質問に、「それが今決まりそうなチームのところ」とも答えていた。さらに、「次に皆さんとライブをする時は、チームが決まっているはずです」と、まさに正式契約が間近であると報告していた。

 スードゥヴァは1942年に発足したクラブ。ファーストユニフォームは「白」。セカンドが「赤」。2020シーズンは国内リーグ2位、さらにカップ戦もすべて準優勝に終わっていた。そして2021シーズン、現在は26試合を終えて、17勝4分5敗の勝点55で首位に立っている。本田にはタイトルをもたらす活躍が期待される。

【注目記事】
・【市場価格付き】Jリーグ獲得可能選手14選。テベス1億円、スターリッジ2億円。狙い目は6000万円の…

・カマヴィンガ躍動!久保建英の来季復帰へレアル・マドリードが迎える“過渡期”

【PHOTOギャラリー】野人岡野&田中達也疾走、闘莉王吠え、小野伸二華添える。平川忠亮引退試合(28枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads