×

アーセナル冨安健洋、水泳選手になっていたかも!?クラブ公式インタビュー、英語で一問一答

日本代表での冨安健洋。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

顎のケガがなければ――。

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに加入した日本代表DF冨安健洋がこのほど、クラブ公式インタビューに登場。さまざまな質問に英語で答えている。

 水泳選手になっていたかもしれない? そんな話を聞いたのだが――。その問いに、冨安は次のように“否定”している。

「スイマーになりたいと思ったことはありません(笑)。ただ二人の姉がいて、私も一緒にスイミング教室に通っていました。二人に支えられてスイミングをしていましたが、ある日、顎をケガしてしまいました。それで、しばらく水泳ができないということで、サッカーを始めました。それからはサッカーをプレーし続けたいと思うようになりました」

 そのケガがなければ――。果たして、冨安の人生はどうなっていたのだろうか!?

 また、アビスパ福岡でのキャリアを経てからは、ヨーロッパでの暮らしを続けてきた。難しさやホームシックなどはないか? 

「それは一切ありません。ヨーロッパでプレーすることが夢でした。17歳の時、年代別代表の試合でイングランドに1-5で敗れました。その時、このままでは追い付けないと、海外でプレーすることを決めました」

 そして英語の聞き取りを問題なくこなす22歳の冨安だが、言語はどのように習得してきたのか?

「ベルギー(シント=トロイデンVV)にいる時は英語を使っていました。ただ、もっと勉強しなければいけないと思っていました。イタリア(ボローニャFC)では、個人教師についてもらい、イタリア語を学んできました。そしてプレミアリーグに来たので、再び英語をしっかり勉強しなければいけません(苦笑)」

 司会からは「話すの上手ですよ」と言われ、冨安もちょっと安心した様子だった。

 また、ベルギーとイタリアの差、それぞれで得たものとは? 

「ベルギーでは個人の勝負が重視され、イタリアではよりタクティカルになりました。ディフェンダーとしては、大きなステップアップであり、どのように守るのか、それをイタリアでよりたくさん学ぶ機会になりました。本当にいい経験を積めました」

そしてアーセナルでのプレーについて。冨安は次のように改めて意気込みを示している。

「アーセナルでプレーするなんて考えてもみませんでした。プレミアリーグは子供の頃からの夢であり、とても興奮していますし、スタジアムでプレーするのを待ち切れずにいます」

【注目記事】
・絶好調マン・U、要因はアルテタのアイデア!?「コーチング界の新星獲得」

・【市場価格付き】あと5日!工藤壮人、森本貴幸、塩谷司…Jリーグ獲得可能10人の日本人選手リスト、“掘り出しもの”も…

・【PHOTO STORY】なでしこMF塩越柚歩の新章スタート。浦和がWEリーグ駒場初陣白星スタート

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads