×

日本代表、サウジアラビアに敗れる。森保監督の責任問題が噴出へ。W杯アジア最終予選早くも2敗目

日本代表の森保一監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

柴崎岳のバックパスのミスから失点、チームに漂う停滞感。日本1勝2敗、サウジ3連勝。

[カタールW杯アジア最終予選 B組3節] サウジアラビア 1-0 日本/2021年10月7日(日本時間8日2:00)/キング・アブドゥッラー・スポーツシティ(ジッダ)

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第3戦、サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)がサウジアラビア代表に0-1で敗れた。

 日本は立ち上がりからサウジアラビアにボールを支配され劣勢を強いられる。

 そうしたなか、12分、相手のジャンプヘッドが権田修一の正面へ。一方、24分に南野拓実のショット、29分に鎌田大地のスルーパスから大迫勇也が抜け出して決定的なシュートを放つ。ホームチーム優位ながら、日本も惜しいチャンスを作り出していく。

 後半も酒井宏樹の高速クロスに大迫が合わせて、先制か――という場面を作り出す。

 しかし71分、それまで常に狙われていた柴崎岳のバックパスを奪われる。そしてフェラス・アルブリカンに権田の股を抜くシュートを決められてしまう。

 そのあと日本は大迫、オナイウ阿道、古橋亨梧を前線に並べるスクランブルを強行。88分、原口元気のダイアゴナルに切り裂くパスに古橋があと一歩……という場面も作る。

 しかしゴールを割ることができず。日本は0-1で敗れた。

 B組で日本は1勝2敗、サウジアラビアは3勝。

 日本はワールドカップ出場権獲得へ早くも窮地に立たされた。メンバーがほぼ固定されながらも打開策を見出せないなどチームの停滞感は否めず、森保一監督の責任問題が噴出することになりそうだ。

 日本はこのあと12日、埼玉スタジアムでオーストラリア代表と対戦する。

【注目記事】
「もし負けても日本はW杯に行けるか?」森保監督はサウジアラビアの記者の質問にどう答えた!? W杯最終予選、日本代表が敵地で今日対戦

日本人選手市場価格ランキングTOP20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…

【PHOTO STORY】安藤梢、猶本光、菅澤優衣香、遠藤優…浦和が大宮とのWEリーグ「さいたまダービー」を制す(15枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×