【日本代表こんな布陣を見たい│改訂】久保建英&南野拓実の共演なるか。「シャドー大迫」も試す価値あり!

香川欠場、槙野離脱に伴い、改めて組んで考えてみた。(C)SAKANOWA

香川の欠場が決定的に…。岡崎慎司に出場機会も。

[キリンチャレンジカップ] 日本 – エルサルバドル/2019年6月9日19:00/ひとめぼれスタジアム宮城

 日本代表が6月9日19時から、ひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル代表と対戦する。FIFAランキングは日本が26位、エルサルバドルが71位。

 8日にアップした記事「こんな布陣が見てみたい」だが、その後の森保一監督の試合前日の記者会見で、香川真司が左股関節に違和感を覚えたため、欠場することが決定的だと明かされた。すでに浦和レッズの槙野智章も首の張りを訴えてチームを離脱している。

 5日のトリニダード・トバゴ戦から中3日。欧州組の選手はオフに入った直後の試合であり、メンタルやコンディションに配慮し、多くは連戦を回避することが予想される。そんななかで改めて森保一監督が2試合連続での採用を明言した3-4-2-1布陣で、見てみたい顔触れを考えた。

 ポストプレーに加え、味方(特にシャドー)を引き出し、なおかつ振り向きざまにゴールも狙う。3-4-2-1の1トップは、そんな献身性とストライカーの仕事が求められる。まさにそんああらゆるプレーをこなせる南野を、一度試してみても面白そうだ。もちろん、本来であれば主戦場であるシャドーでも十分期待できる。

 本家の岡崎慎司も、まさにこの1トップの適任。ハードワークをこなしつつゴールを狙うスタイルがハマりそう。どのような形であれ、今回、出場機会が訪れるか。

 そしてシャドーに久保建英と原口元気を配置テクニシャンコンビを配置してみたい。浦和レッズ時代にシャドーを主戦場にしていた原口元気に実際にプレーしてもらうことで、周囲が気付くことも多いはず。ウイングバックでの起用が有力視される原口だが、自身の現状を打破する意味でも、”なんとなく”できるポジションより、もう一度、ゴールに直結する”勝負”のポジションで挑んでほしいし、そのほうが相手にもより脅威を与えるはず。

 また、途中から大迫勇也のシャドー起用を試してみるのはどうだろうか。ブンデスリーガでも2列目で起用される機会が少なくなく、2列目でタメを作ることによって攻撃に厚みを生み、チームとして攻撃の選択肢を格段に増やすことができる。相手守備陣にとっても厄介な存在になる。

 もちろん、前線の破壊力が落ちる、というデメリットもあるのだが。

 そこで2トップ気味に永井謙佑、大迫勇也が起用すれば、どんな効果が生まれるか、ちょっと想像がつかないだけに楽しみでもある。そこに久保や南野が絡む――というコラボレーションが宮城の夜で実現するか――。

文:サカノワ編集グループ

【日本代表こんな布陣を見たい 1】南野、香川、久保…魅惑のトライアングルはどうか?

Ads

Ads