×

【日本代表】全28選手の出身地、都道府県ランキング。1位神奈川“圧勝”、2位大阪、3位は4県

日本代表の(左から)吉田麻也、浅野拓磨、田中碧。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今回選外の久保建英、三好康児も神奈川出身。

[W杯アジア最終予選 B組 第5戦] ベトナム- 日本/2021年11月11日19:00(日本時間21:00)/ミーディン国立競技場

 サッカー日本代表(SAMURAI BLUE)が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選11月シリーズに臨む。11日にハノイでベトナム代表、16日にマスカットでオマーン代表と、いずれもアウェーでの連戦になる。今回招集メンバー28人の出身地とそのランキングをまとめた。

 神奈川県が前回5人から6人に増えて1位をキープ。今回負傷などで選外だった久保建英(RCDマジョルカ)、三好康児(ロイヤル・アントワープ)も神奈川出身とあって、現在文句なしで一番の“日本代表タレント輩出県”となっている。

 2位が大阪府の5人。そして3位の2人は、愛媛県、三重県、茨城県、埼玉県の4県が続く。

 さらには青森県から鹿児島県まで、まさに全国津々浦々で誕生したタレントが森保一監督のもと集結している。

 日本代表の出身地ランキングと各選手の出身地は以下の通り。

◎日本代表
(2021年 カタールW杯アジア最終予選11月シリーズ)

▼出身地ランキング

1位 神奈川県 6人
2位 大阪府  5人
3位 愛媛県  2人
3位 三重県  2人
3位 茨城県  2人
3位 埼玉県  2人
7位 長崎県  1人
7位 青森県  1人
7位 長野県  1人
7位 熊本県  1人
7位 鹿児島県 1人
7位 奈良県  1人
7位 福岡県  1人
7位 兵庫県  1人
7位 東京都  1人

◎日本代表選手の出身地
GK
川島 永嗣
KAWASHIMA Eiji
埼玉県出身

権田 修一
GONDA Shuichi
東京都出身

谷 晃生
TANI Kosei
大阪府出身

DF
長友 佑都
NAGATOMO Yuto
愛媛県出身

吉田 麻也
YOSHIDA Maya
長崎県出身

酒井 宏樹
SAKAI Hiroki
長野県出身

谷口 彰悟
Shogo TANIGUCHI
熊本県出身

山根 視来
Miki YAMANE

神奈川県出身

室屋 成
MUROYA Sei
大阪府出身

板倉 滉
ITAKURA Kou
神奈川県出身

中山 雄太
NAKAYAMA Yuta
茨城県出身

旗手 怜央
Reo HATATE
三重県出身

冨安 健洋
TOMIYASU Takehiro
福岡県出身

MF
原口 元気
HARAGUCHI Genki
埼玉県出身

柴崎 岳
SHIBASAKI Gaku
青森県出身

遠藤 航
ENDO Wataru
神奈川県出身

伊東 純也
ITO Junya
神奈川県出身

浅野 拓磨
ASANO Takuma
三重県出身

南野 拓実
MINAMINO Takumi
大阪府出身

守田 英正
MORITA Hidemasa
大阪府出身

鎌田 大地
KAMADA Daichi
愛媛県出身

三笘 薫
Kaoru MITOMA
神奈川県出身

堂安 律
DOAN Ritsu
兵庫県出身

田中 碧
TANAKA Ao
神奈川県出身

FW
大迫 勇也
OSAKO Yuya
鹿児島県出身

古橋亨梧
Kyogo FURUHASHI
奈良県出身

前田大然
Daizen MAEDA
大阪府出身

上田綺世
Ayase UEDA
茨城県出身

【注目記事】
クーマン、ピルロ、ランパード…FC東京、長谷川健太監督の辞任で後任監督にどうか!?フリーの魅力的な指揮官11選

【日本代表】市場価格ランキング。大迫勇也20位、南野拓実3位、冨安健洋2位…。浦和の酒井宏樹がJリーグ最高7位

冨安健洋のライバル?バックアップ?アーセナル右SBに19歳新鋭を英国メディアが推奨

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads