×

【天皇杯】準優勝の広島スキッベ監督「ここまでの戦いが、思い出として残るだけに」

広島は天皇杯準優勝に。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

ルヴァンカップ決勝へ「切り替えて備えたい」。

[天皇杯 決勝] 甲府 1(0EX0、5PK4)1 広島/2022年10月16日14:00/日産スタジアム

 天皇杯決勝、ヴァンフォーレ甲府がPK戦の末、サンフレッチェ広島を下して初優勝を果たした。敗れた広島のミヒャエル・スキッベ監督は試合後の記者会見で、「ここまでの戦いが、思い出として残るだけになってしまいました」と肩を落とした。

「前半は甲府がやりたいサッカーをしていたと思います。後半、自分たちが早くシンプルにボールを動かし、シュートまで持ち込めるようになりました。

 延長戦では完全にペースを掴んでいたと思います。ただPK戦まで行くと、すべてがヴァンフォーレに転がっていきました」

 そのように指揮官は延長120分で決着を付けられなかったことを悔やんだ。

「ここまでの戦いが、思い出として残るだけになってしまいました。ぜひ広島にカップを持って帰りたかった。今、チームは沈んでいます。スポーツには勝者と敗者がいるわけですが、負けたものとして、早く切り替えて次のステップに進みたいです。悔しい思いをしましたが、しっかり切り替え、来週のルヴァンカップ決勝に備えたいです」

 また延長戦でPKを外した満田誠をPK戦の5人目のキッカーに指名したことについて、スキッベ監督は「キッカーとして信頼していますし、長く引かないように、すぐ切り替えさせようという意図もありました」と語った。

 広島は22日、ルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪と対戦する。

【注目記事】
【天皇杯】甲府がPK戦の末、広島を制し優勝。クラブ史上初タイトル!アフロ三平和司が先制弾、GK河田晃兵スーパーセーブ

【J全57クラブ】人件費増減額ランキング。1位徳島、2位福岡、3位川崎…全体1位の神戸だが

【W杯 日本代表│FW編】4~5枠。大迫勇也、前田大然が“当確”、浅野拓磨も間に合えば。町野修斗、林大地、細谷真大は一発逆転も!

Ads

Ads