×

【鹿島】岩政大樹監督「夏からパワーアップしている」と清水を警戒。新オプションを採用か

清水戦前日、練習を見守る鹿島の岩政大樹監督。(C)KASHIMA ANTLERS

試合終盤のオープンな展開も想定したメンバー編成へ。

[J1 33節] 清水 – 鹿島/2022年10月29日15:00/IAIスタジアム日本平

 J1リーグ鹿島アントラーズの岩政大樹監督が10月28日、オンライン取材に応じて、翌日の29日にアウェーで行われる清水エスパルス戦に向けて抱負を語った。

 この3週間は新たな要素を加えつつ、改めて共有すべきディテールを詰めていった。

「少し目線を変えて刺激を与えることによりオプションも増え、今の選手に合わせた戦いに少しアレンジを加えたところはあります。それをじっくり時間をかけてやれたのは非常に良かったです」

「(中断前はリーグ7試合勝利なし)結果が出なかったことを踏まえて、次のステップに進むための良いスタートのための時間になったと思っています」

 残り2試合、鹿島は12勝12分8敗の勝点48で6位。対する清水は勝点33で16位。17位のガンバ大阪とポイントで並んでいて、一つ勝てば一気に残留が近づく可能性もある。

 岩政監督は次のように警戒し、試合のポイントを挙げる。

「(最近の清水について)ここまで残留争いに巻き込まれるとは思っていなかったのではないかというぐらい良い状態です。いずれにしても、タレントも含め、夏からパワーアップしていて、この順位にいるようなチームではないと思っています。

 結果がうまく乗っかってこないなか、少し慌てるところもあるのかなという気はしています。厳しい試合、激しい試合になるのは当然で、相手の心理が少し難しい状況にあると理解しつつ、それを上手く利用できるといいなと思います。

 ただ、どのような展開になるかは、蓋を開けてみなければ分かりません。後半はある程度オープンになる試合になる可能性が高く、それに備えたメンバー選考もしないといけないと考えています」

 中断前から何かしら変化をつけてくることになりそうだ。ただし、新たなことではなく、大切にしてきたことを改めて意思統一する。その作業が重視されてきたとも強調していた。

「よく順番を間違えるなと言います。頭に置く順番で、やるべきこと、やらないこと、その順番を間違うと、守備の対応はだいたい間違えます。それはレネの時にあまりやっていなかったことで、少し忘れているところが多く、この3週間で取り組み思い出していきました」

 このままインパクトを残せず終わるわけにはいかない。鹿島が一丸となって、“勝利”を掴むため闘志の牙を剝く。

【注目記事】
【鹿島】戦列復帰の常本佳吾が清水戦へ「圧倒したゲームをしたい」

【J全57クラブ】スポンサー収入ランキング。1位浦和「約39億円」、2位名古屋、3位柏…広島が神戸を上回る。大宮は全体8位、今治が健闘33位

【J2 全クラブ監督人事】秋田の吉田謙氏、山口の名塚善寛氏が続投、J3降格確定の岩手は秋田豊監督が社長兼オーナー就任

Ads

Ads