×

【前橋育英】2戦連発の高足善、昌平DF津久井佳祐との対決へ「一つ抜けている存在。どのぐらいできるのか、本当に楽しみ」│高校サッカー選手権

前橋育英の高足善。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

高校選抜のチームメイト同士、目標の全国制覇へ大きな関門。1月2日、浦和駒場で注目の一戦!

[全国高校サッカー選手権 3回戦] 昌平 – 前橋育英/2023年1月2日12:05/浦和駒場スタジアム

 全国高校サッカー選手権2回戦、前橋育英(群馬)が四国学院大香川西(香川)に6-1の勝利を収め、ベスト16入りを果たした。3回戦は1月2日、昌平(埼玉)と浦和駒場で対戦する。

 前橋育英の“10番”高足善は4-4-2の2トップの一角で先発出場し、24分、連係から鮮やかな先制ゴールを決めた。そのゴールを口火に6得点を奪い、インターハイ王者がベスト16に勝ち進んだ。

 高足は先制点を決めたものの「1点で終わってしまったので、まだまだ自分の得点力が足りないと感じています。得点力を課題に掲げ、状況に応じたシュート練習も重ねてきただけに、めちゃくちゃ悔しいです」と振り返った。

 一方、全国大会での2試合連続での先制ゴールと「結果」を残せていることは、「連続ゴールは自信につながりました。次の試合でも自分が決めてやろうという気持ちになりました」と前向きに受け止める。

 3回戦は昌平との一戦に。これまで高校選抜で、鹿島アントラーズ入りが内定している津久井佳祐とプレーした経験がある。

「対人が強いうえにビルドアップもできて、そこが要だと思います。守備陣は粘り強く、ゴールをこじ開けるのは難しいと思っています。(昌平守備陣は)背が高いだけに、アジリティを生かして細かい部分で逆をとり、剥がしていきたいです」

 その津久井は高足との対戦をとても楽しみにしていると語っていた。

 それを伝え聞いた高足は、「鹿島に内定しているし、高校選抜でもやってきた仲間でもあるので、対戦は本当に楽しみです。予測や判断も早く、ヘディングも強いので、センターバックでは一つ抜けている印象を受けました。どのぐらい今、自分ができるのか。インターハイで優勝しましたが、チーム全体でチャレンジャー精神で行こうと話をしています。次の試合ではその気持ちが大切になると思います」と、決しておごりはない。

 それでも前育の10番は、「(3回戦での対戦に)自信はあります。負ける気はしないです」と負けん気の強さを示す。

「自分が勝たせなければいけないという責任は昨年より倍ぐらいあります。自分のプレーを出していきたいです」

 注目の一番、大勢の観客が訪れそうだ。全国制覇への大きな関門、高足はゴールと勝利への意欲を口にしていた。

【関連記事】
昌平】鹿島内定のDF津久井佳祐、前橋育英との大一番へ「チャレンジャー精神でぶつかる」近江に3-1勝利を収め3回戦へ│高校サッカー選手権

【昌平】MF荒井悠太がDF津久井佳祐と誓った「ここで負けられない」。近江に勝利、3回戦で前橋育成と対戦へ│高校サッカー選手権

三笘薫のドリブル「参考にした」篠田翼が2ゴール!昌平が近江に3-1勝利│高校サッカー選手権

Posted by 塚越始

Ads

Ads