×

【採点】豪胆カットインから一撃、三笘薫に10点満点で『9』!!現地メディア「ゴールに加え相当量のディフェンスワークをこなす」と評価。ブライトン4-1エバートン

三笘薫。写真:兼村竜介/(C)Ryusuke KANEMURA

アーセナル戦に続き2試合連続ゴール!!

[プレミアリーグ 19節] エバートン 1-4 ブライトン/2023年1月3日19:45(日本時間4日4:45)/グディソン・パーク

 イングランド・プレミアリーグ19節、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCがアウェーでエバートンFCに4-1の勝利を収めた。ブライトンの日本代表MF三笘薫は4-2-3-1の左MFとして先発。先制点を決めて勝利に貢献した。

 前半14分、カウンターが発動されると、左サイドの高い位置で三笘がボールを受ける。すると今回は中央の空いたスペースへ大きく蹴り込むカットインを仕掛ける。さらに、次のタッチも大きくゴール前へコントロールし、そこに追い付きシュートを突き刺してみせた。

 これで勢いに乗ったブライトンはゴールを重ねて、計4ゴールを奪取! 4-1で勝利を収め、暫定8位とした。

 地元メディア『サセックス・ライブ』は選手採点で、三笘に10点満点中チーム最高タイの「9」の高評価をつけた。他にパスカル・グロス、エヴァン・ファーガソンも同じく「9」の高評価。

「ヘディングのチャンスを逃したあと、二人をかわしてゴールに流し込んだ。さらにボールを奪い返すために、相当量のディフェンスワークをこなしていた。相手は対処するのにてんてこ舞いだった」

 そのように絶好調のアタッカーを絶賛している。ブライトンはこのあとFAカップのミドルスブラ戦を経て、日本時間14日24時(15時0時)からリバプールFCと対戦する。

【三笘の関連記事】
【現地採点】アーセナルからゴール、三笘薫に2媒体が最高点『8』、冨安健洋との対決も実現。ブライトン、しかし2-4で敗れる

三笘薫のドリブル「参考にした」篠田翼が2ゴール!昌平が近江に3-1勝利│高校サッカー選手権

【W杯日本代表 市場価格ランキング】板倉滉が上昇、久保建英と並び4位タイ。3位堂安律、2位冨安健洋、1位は…

Ads

Ads