×

ポーランド代表監督にジェラードが浮上。浦和のスコルジャ監督も一時候補…。アストンヴィラ退任後、現在フリー

アストン・ヴィラ時代のジェラード監督 (Photo by Albert Perez/Getty Images)

ポーランド協会がオファー、「引き受けるか検討している」。

 イングランド・プレミアリーグのリバプールFCで活躍した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏(Steven Gerrard)が、カタール・ワールドカップ(W杯)でベスト16に進出したポーランド代表の新監督の有力候補に浮上している。

 ポーランド代表はカタールW杯、アルゼンチンに次ぐグループC2位(1勝1分1敗)で決勝トーナメントに進出。フランス代表に1-3で敗れて、日本代表と並ぶベスト16で大会を終えた。そしてチェスワフ・ミフニェヴィチ監督の12月末での退任が決定していた。

 ベルギー代表を退任したロベルト・マルティネス氏が候補の一人に浮上していたが、このほどポルトガル代表に就任することが決定した。

 また、昨季レフ・ポズナンを率いてポーランドリーグを制したあと退任しフリーだった“ポーランド人最高の指揮官”の一人としてマチェイ・スコルジャ氏も候補に浮上。J1リーグの浦和レッズの監督に就任している。

 そうしたなか『デイリー・メイル』は1月11日、「ポーランドサッカー協会が数日前、ジェラードにアプローチしたと言われる。現在42歳のジェラードはこのオファーについて検討している」と報じた。

 イングランドの将軍でありスーパースターは、プレミアリーグのアストン・ヴィラFCの監督を昨年10月に退任したあとフリーとなっていて、将来的にはリバプールFCへの“入閣”が既定路線と言われていた。しかし現状、直近の行方が見えずにいた。

【注目記事】
【浦和】スコルジャ監督の性格は?「友人が言うには…」。沖縄キャンプではトランジションの“構造”確立へ

【浦和】アル・サッド移籍へ岩波拓也の沖縄キャンプ不参加を発表

浦和】ホイブロテン獲得、間もなく正式決定へ!ボデ/グリムトが後継者ビョルタフトの加入発表

Ads

Ads