×

【神戸】ブラジル代表ウーゴ・ソウザを“逆転”で獲得へ!移籍金は1億7000万円

GKウーゴ・ソウザ。(Photo by Wagner Meier/Getty Images)

レンタルから完全移籍に条件変更で、フラメンゴがのむ。トゥーレルと元チームメイト。

 J1リーグ・ヴィッセル神戸が、ブラジル1部(セリエA)CRフラメンゴに所属するブラジル人GKウーゴ・ソウザ(Hugo Souza)を獲得することが決定的になった。移籍金は130万ドル(約1億7000万円)で3年契約、神戸は50パーセントの保有権を買い取るという。ブラジルメディア『グローボ』などが1月12日に報じた。

 ウーゴ・ソウザは23歳で、身長199センチ。2018年にはチッチ監督のもとブラジル代表にも選出されている(出場機会は得られず)。フラメンゴでは2022シーズン、ブラジル1部15試合など、公式戦通算31試合に出場した。

 記事によると、当初フラメンゴは神戸からの「1年期限付き移籍+オプション」のオファーを拒否。レンタルを含め、欧州への移籍を検討していた。そうしたなか、神戸が完全移籍での獲得を希望してきて、“逆転”で獲得に至ったという。

 トゥーレルとは元チームメイトで、“元フラメンゴコンビ”が守備の軸を担うことになるかもしれない。間もなく両クラブから発表される予定だ。

【神戸と移籍の関連記事】
三木谷会長の投稿にサッカー界がざわつく「18年間ありがとう。 ヴィッセル愛している…」

【ヴィッセル神戸】さあ沖縄合宿開始!イニエスタ、川﨑修平が合流「僕と一緒にやっていた選手は足が遅いイメージがあると思うんですが…」

【浦和】ショルツ「キャリー数」リーグ最多62を記録。一方、引き分け最多15、先制された試合の勝利0。『J STATS REPORT 2022』公開

Ads

Ads