×

鎌田大地の同僚ドイツ代表GKトラップ、バイエルン移籍の噂。ホットな話題に「暑いのはバカンス中の太陽だけだよ」

フランクフルトのGKトラップと長谷部誠。 (Photo by Alex Grimm/Getty Images)

ノイアーの復帰時期がポイントに――。

 ドイツ1部アイントラハト・フランクフルトに所属するドイツ代表GKケヴィン・トラップ(Kevin TRAPP)に、王者バイエルン・ミュンヘンへの移籍の噂が出ている。

 ドイツ代表の守護神マヌエル・ノイアーの休暇中のスキーで負った骨折による長期離脱に伴い、バイエルンはゴールキーパーの補強を検討してきた。しかし、ノイアーが復帰する来シーズン序盤から、出場機会を得られなくなる可能性があるということで、選手も決断が難しいそうだ。

 そうしたなか、来夏、ボルシア・メンヒェングラードバッハとの契約満了を迎えるスイス代表ヤン・ゾマー(Yann Sommer)、さらにはセビージャFCに所属するモロッコ代表のヤシン・ブヌ(愛称ボノ)が候補に挙がってきた。

 さらにカタール・ワールドカップ(W杯)のドイツ代表ではノイアーとチームメイトだった32歳のトラップが浮上。そこはドイツ人選手へのこだわりがあるのか。

 日本代表の鎌田大地、そして長谷部誠とチームメイトであるトラップが、1月12日、この噂についてコメントし話題を集めている。

 フランクフルトの守護神は「それについては、そんなに考えていません。(ホットな話題だが?)暑かったのはバカンス中の太陽だけですよ」とジョークを飛ばしてかわしている。

 トラップはフランクフルトでは最高のサラリーを得ていると言われる。それだけの実績と活躍を見せているが、いろいろな条件が合致すれば、あり得る話か――。

【関連記事】
三木谷会長の投稿にサッカー界がざわつく「18年間ありがとう。ヴィッセル愛している…」

浦和レッズに打撃」FWギアクマキスがセリエAのサンプドリアと「合意」

【神戸】ブラジル代表ウーゴ・ソウザを“逆転”で獲得へ!移籍金は1億7000万円

Ads

Ads