×

福井太智がバイエルンⅡに合流「プレーを読むのが上手い」「いい体つき」ザイツ監督も評価

バイエルンⅡに合流した福井太智。※バイエルンの公式サイトより

サガン鳥栖から加入した18歳、センターラインでの様々な役割を期待。

 サガン鳥栖からドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに移籍したMF福井太智(FUKUI Taichi)が1月10日、アマチュアチームにあたるバイエルンⅡに合流して新年のスタートを切った。

 チームは個々の体力テストなどを実施したうえで、この日、全体練習のリスタートを切った。そこに18歳の福井も加わった。

 バイエルンの公式サイトでは、福井がプレーする動画も紹介。ホルガー・ザイツ監督は福井について、「彼はプレーを読むのが上手い。そこが特長の一つです。それに、攻守のいい流れをもたらせる体つきをしています」と評価。センターラインでの様々な起用法が期待できそうだということだ。

 高円宮杯JFA・U-18サッカープレミアリーグ2022ファイナルの川崎フロンターレU-18(EAST王者)対 サガン鳥栖U-18(WEST王者)戦では、福井のゴールなどで鳥栖が3-2で勝利。そのタイトルを置き土産にドイツへ渡った福井は出発する際、「チームを勝たせられる選手になりたい。デ・ブライネ選手は毎試合ゴールやアシストに絡んでくる、確実に“勝たせられる選手”。そういった部分で、一番、自分にとって目標になっています」と語っていた。

 福井は2004年7月15日生まれ、神奈川県出身、18歳。172センチ・67キロ。これまでのキャリアは、久里浜FC ― サガン鳥栖U-12 ― サガン鳥栖U-15 ― サガン鳥栖U-18。2022年度はプリンスリーグWESTで16試合・6得点・11アシストを記録、トップチームではJ1リーグ1試合、ルヴァンカップ3試合に出場した。昨季からトップで通算15試合の出場経験がある。ボルシア・ドルトムントでブレイクした“香川真司二世”として注目されている。

【関連記事】
『香川Ⅱ世』福井太智が語った目標の選手とは?鳥栖からバイエルン移籍、W杯決勝から刺激「結果を出さないといけない選手が結果で応えた。あの舞台に立つために

バイエルン移籍の福井太智、大きな置き土産の決勝ゴールでMVP受賞。鳥栖U-18が川崎U-18に逆転勝利を収め高円宮プレミアリーグ初優勝

【日本代表】久保建英が明かした“音楽係”の苦悩。カタールW杯の舞台裏、吉田や長友からの「タケ、チェンジ」

Ads

Ads