×

【鹿島】スローガンは「Football Dream-ひとつに-」、強化指針「勝ち切るための勝負強さにこだわるフットボール」

鹿島の2023シーズン新体制発表会、新加入選手がサポーターの前で決意を示した。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「光り輝く個性が団結して力を発揮し、タイトル奪還を目指す」

 J1リーグの鹿島アントラーズは1月15日、鹿嶋勤労文化会館でサポーターを招いて2023シーズンの新体制発表会を開催した。そこで小泉文明社長から新シーズンのビジョン、方針・指針が示された。

 鹿島が発表した新シーズンの「スローガン」「目標」「強化方針」は次の通り。

◎2023シーズン スローガン 

▼タイトル奪還へ、ひとつに。
「Football Dream-ひとつに-」というスローガンのもと、Jリーグ30周年となる2023シーズンをクラブにかかわる全てのアントラーズファミリーとひとつになって戦う。

 フットボールではアグレッシブで流動的な攻撃、妥協なき献身的な守備をベースとしながら光り輝く個性が団結して力を発揮し、タイトル奪還を目指す。

 ビジネスにおいては、ファン・サポーター、パートナー、地域と思いをひとつに、成長へ向けてともに歩んでいく。

◎2023シーズンチーム 目標 
▼結束してタイトル奪還を目指す
 アントラーズファミリーが一丸となり、国内3大タイトルの奪還に向けて戦う。今季スローガンの「Football Dream-ひとつに-」は、クラブがこれまでファミリーとともに大切にしてきた結束、団結への思いを表現した。タイトル獲得という唯一無二の目標に向け、選手、スタッフ、そしてクラブに関わるすべての人々とひとつになる。

◎2023シーズン 強化指針
▼勝ち切るための勝負強さにこだわるフットボール
 主導権を握り、勝ち切るための勝負強さにこだわるフットボールを目指す。攻撃ではゴールへ向かう迫力とビルドアップのテンポ、守備では様々な試合展開に対応する守りの柔軟性を追求する。岩政大樹監督のもと、現有戦力と新加入選手たちを融合させ、新たな鹿島アントラーズのフットボールをみせる。

【関連記事】
【鹿島】キャプテン「4人制」採用、土居聖真「問題点を分散、団結力も増す」。岩政監督「新たなチャレンジ」

鹿島】ピトゥカのスルーパスからの得点「5」、こぼれ球奪取「1173回」、タックル数「685回」などチーム別では7項目でリーグ1位。Jリーグ『J STATS REPORT 2022』公開

鹿島が始動。岩政大樹監督「変幻自在に」。『シン・アントラーズ』へ変貌なるか

Ads

Ads