×

日本プロサッカー選手会、三笘薫が初代MVP!ベスト11に古橋亨梧を選出。「JPFAアワード2022」、J1最優秀選手は岩田智輝

三笘薫。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

J2は小川航基(横浜FC)、J3は有田稜(いわきFC)がMVP!!

 Jリーグをはじめ海外組の多くのプレーヤーで構成される一般社団法人 日本プロサッカー選手会(JPFA 吉田麻也会長)は1月18日、2022シーズンに新設したシーズンを通して活躍したJPFA所属選手を表彰する「JPFAアワード2022」の受賞者を発表し、最優秀選手賞に三笘薫(ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC)を選出した。

 また、Jリーグ各カテゴリーの最優秀選手賞はJ1が岩田智輝(横浜F・マリノス)、J2が小川航基(横浜FC)、J3が有田稜(いわきFC)に決定した。

 さらに各カテゴリーのベストイレブン11人ずつ(合計44人)も選出された。

 JAFAのベストイレブンは次の通り。

GK
シュミット・ダニエル
シントトロイデンVV

DF
板倉滉
ボルシア・メンヒェングラートバッハ

遠藤航
VfBシュツットガルト

冨安健洋
アーセナル

MF
鎌田大地
アイントラハト・フランクフルト

久保建英
レアル・ソシエダ

堂安律
SCフライブルク

三笘薫
ブライトン

FW
浅野拓磨
VfLボーフム

伊東純也
スタッド・ランス

古橋亨梧
セルティック

【いま読まれている記事】
三笘薫の同僚トロサール問題“泥沼化”、アーセナル、トッテナムが獲得検討か。デ・ゼルビ監督「ロッカーにいた全員が顛末を知っている」

【浦和】「ユンカーから話を聞いた」ホイブラーテンがレッズ移籍決断の舞台裏を語る。私は冒険好き

【鹿島】植田直通が本気でファンのため、「流血」覚悟を誓った理由とは?

Ads

Ads