×

小田逸稀が鹿島から福岡へ完全移籍。24歳の攻撃的サイドバック、「特徴である球際、空中戦の強さ、攻撃参加に注目して下さい」

鹿島での小田逸稀(右)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

東福岡高校出身、「高校3年間を過ごした福岡の地で再びプレーすることができ、すごく嬉しいです」。

 J1リーグの鹿島アントラーズは1月26日、DF小田逸稀(ODA Itsuki)がアビスパ福岡へ完全移籍することが決定したと発表した。

 小田は1998年7月16日生まれ、佐賀県出身。173センチ・68キロ。これまでのキャリアは、サガン鳥栖U-15唐津 ― 東福岡高校 ― 鹿島(2017) ― FC町田ゼルビア(2020) ― ジェフユナイテッド市原・千葉(2021) ― 鹿島(2022)。

 小田は鹿島のサポーターに向けて、次のように感謝を伝えている。

「シーズンが始まって間もないタイミングでの移籍となり、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズの一員としてプレーできたことを誇りに思いますし、チームメイト、監督、コーチ、フロントスタッフ、サポーターの皆さん、全ての方々に感謝しています。活躍する姿を皆さんに届けられるよう頑張りますので、引き続き応援してもらえると嬉しいです。ありがとうございました!」

 また、24歳の攻撃的サイドバックは次のように福岡のファンとサポーターへ決意を示している。

「初めまして、鹿島アントラーズから移籍することになりました小田逸稀です。高校3年間を過ごした福岡の地で再びプレーすることができ、すごく嬉しいです。自分の特徴である球際、空中戦の強さ、攻撃参加に注目してください。福岡の勝利のために、全力で頑張ります。ともに戦いましょう!」

【移籍の注目記事】
リバプールは広島FW満田誠を獲得すべき!三笘薫、久保建英のように…レッズへ地元メディアが推奨

FW補強、浦和は戦略変更へ。ギアクマキスのアトランタ移籍、米国メディアも“当確”ランプ

アル・アハリが名古屋マテウス獲得へ「交渉中」。中東の情報筋によると!?プレー集も紹介

Ads

Ads