×

【大分】24歳のブラジル人2選手を獲得!守備に定評あるエンリケ・トレヴィザンとペレイラ

大分への加入が決定したエンリケ・トレヴィザン(左)とペレイラ(右)。(C)OITA TRINITA

入国規制が解除され次第、来日へ。

 J1リーグの大分トリニータは2月17日、ポルトガル2部(リーガプロ)のGDエストリル・プライアからエンリケ・トレヴィザン(HENRIQUE TREVISAN) 、ブラジル1部(セリエA)アトレチコ・ゴイアニエンセからペレイラ(PEREIRA) を、それぞれ期限付き移籍で獲得したと発表した。いずれもブラジル人選手で、エンリケ・トレヴィザンはDFで背番号14、ペレイラはMFで同31に決まった。

  エンリケ・トレヴィザン(本名:エンリケ・デ・ソウザ・トレヴィザン HENRIQUE DE SOUZA TREVISAN) は185センチ・78キロ。1997年1月20日生まれ、ブラジル・パラナ州出身、24歳。U-20ブラジル代表に選ばれた経験を持つ。

 精度の高い左足のキックを武器に、最終ラインから組み立てにも加わるセンターバック。クレバーで的確なポジショニングと危機察知能力に長ける。

 エンリケ・トレヴィザンは次のように大分サポーターへ呼び掛けている。

「ファン・サポーターの皆さんこんにちは! この度大分トリニータに新しく加入することになったエンリケ・トレヴィザンです。日本でプレーできて、とても嬉しいです。入国可能になり次第チームに合流して、チームメメイトとともに勝利を目指します! 一致団結して共に戦い、良いシーズンにしましょう。それではまたすぐに会いましょう」

 またペレイラ(本名 マテウス・ソウザ・ペレイラ MATHEUS SOUSA PEREIRA)は、184センチ・80キロ。1997年1月31生まれ、ブラジル・リオデジャネイロ州出身、24歳。ボランチとセンターバックをこなすポリバレントな選手。豊富な運動量を生かした守備範囲の広さと、身体の強さとスピードを武器にしたボール奪取が特長だ。

 ペレイラは次のようにコメントしている。

「大分サポーターの皆さん、ペレイラです。大分トリニータという素晴らしいクラブに移籍できてとても嬉しいです。私は守備的なボランチですが、状況を見ながら攻撃にも参加し、チームが得点を奪えるように貢献したいと思います。また、献身的なプレーをし、チームのコミットメントや意志を尊重することを約束し、決して諦めない闘いを見せます。新しいチームメイトとすぐに一緒になって、簡単なことではないですがこの新しい挑戦を成功させ、 チームに貢献できるように頑張ります!」

 二人はいずれも入国日が未定。日本政府の新規外国人入国の許可が下り次第、新型コロナ感染症防止対策のための隔離期間を経てチームに合流する。

  また、クラブは名桜大学に在学していた山梨県出身の村松陸氏が、ポルトガル語通訳として加わることも発表している。

注目記事:「支え手はハンドにならない」JFAがルール説明会。プロフェッショナルレフェリーから解説も

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads