×
×

【日本代表 血液型ランキング】A型が久保建英ら最多12人、AB型は本田圭佑後ゼロに

日本代表

日本代表久保建英本田圭佑

サカノワスタッフ

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ロシアW杯、アジア杯はO型がトップ。

 なんとなく気になってしまうトップアスリートの血液型――。今回、11月シリーズに臨むサッカー日本代表23人をチェックし、ランキングにまとめた。

 10月シリーズに続きヨーロッパ組のみの構成となった今回、A型12人、O型7人、B型4人、AB型がゼロだった。

 久保建英、冨安健洋、南野拓実、三好康児ら新世代はA型が多く、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)、昨年のアジアカップで最多だったO型を超えている。

 AB型は、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では本田圭佑、昌子源、大島僚太と3人いたが、その後、ゼロとなっている。

▼日本代表の血液型ランキング
(2020年:オーストリア11月シリーズ)

順位 血液型 人数
1位 A型  12人
2位 O型  7人
3位 B型   4人
4位 AB型   0人

A型/シュミット・ダニエル、権田修一、酒井宏樹、浅野拓磨、室屋成、植田直道、冨安健洋、伊東純也、板倉滉、南野拓実、三好康児、久保建英
O型/川島永嗣、長友佑都、橋本拳人、遠藤航、吉田麻也、原口元気、菅原由勢
B型/鈴木武蔵、柴崎岳、鎌田大地、中山雄太
AB型/なし

▼UAE・アジアカップ/2019年1月
順位 血液型 人数
1位 O型  11人
2位 A型  10人
3位 B型   2人
4位 AB型  0人

O型/東口順昭、長友佑都、佐々木翔、三浦弦太、槙野智章、吉田麻也 、 遠藤航、原口元気、塩谷司、大迫勇也、北川航也 
A型/シュミット・ダニエル、権田修一、酒井宏樹 、室屋成、冨安健洋、乾貴士、伊東純也、南野拓実、堂安律、武藤嘉紀
B型/青山敏弘、柴崎岳
AB型/なし

▼ロシアW杯/2018年6月
順位 血液型 人数
1位 O型  10人 
2位 A型  7人
3位 AB型     3人 
3位 B型    3人

O型/川島永嗣、東口順昭、長友佑都、遠藤航、槙野智章、吉田麻也 、 原口元気、長谷部誠、岡崎慎司、大迫勇也 
A型/植田直通、酒井宏樹 、酒井高徳、香川真司、乾貴士、山口蛍、武藤嘉紀
AB型/昌子源、本田圭佑、大島僚太 
B型/中村航輔、柴崎岳、宇佐美貴史

関連記事:【日本代表】最新の市場価格ランキング。久保建英「37億円」、冨安健洋「22億円」、3位は…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads