×

【日本代表スタメン&展望】南野ゼロトップ、久保&三好“Wレフティ”、3-4-2-1機能するか?

(C)SAKANOWA

パナマ代表戦、最終ラインは板倉、吉田、植田。

[国際親善試合] 日本代表 – パナマ代表/2021年11月13日15:15(日本時間23:15)/オーストリア・グラーツ

 日本代表(SAMURAI BLUE)が11月13日の日本時間23時15分から、オーストリアのグラーツ・リーベナウ・シュターディオンでパナマ代表と親善試合を行う。FIFAランキングは日本が27位、パナマが77位。

 スタメンが発表され、日本はこれまでになかった顔触れが名を連ねている。

 守備面では、これまで主力を担ってきた冨安健洋、遠藤航らがベンチスタートに回っている。そうしたなか、最終ラインは、板倉滉、吉田麻也、植田直通の3バックが配置された。

 また、前線はフォワード登録の鈴木武蔵、浅野拓磨がいずれも控えに。これまで何度か森保一監督が試合途中で起用してきた南野拓実を頂点に据える「ゼロトップ」が採用されている。

 南野はリバプールFCでは最前線でプレーする機会が多く、日本代表でもスタートから起用して、周囲との連係を確認したり、高めたりしたりする狙いが見える。

 さらに三好康児と久保建英の“ダブル・レフティ”が同時起用された。どのように配置され、どのような役割を担うのか。東京オリンピック代表候補二人のコンビネーションにも注目が集まる。

 また、前回10月シリーズの初戦カメルーン戦(△0-0)の後半45分間、日本は3-4-2-1を採用している。しかし各ポジションでの役割が明確な布陣ではあるものの、森保監督はあまり制約を設けず、選手たちに比較的自由にプレーさせ、結果、攻撃面は“不発”に終わった。

 3バックの場合、指揮官がどのように「規律」を徹底するのかも注目点の一つになる。

 日本はこのあと17日(日本時間18日5時)、FIFAランキング11位のメキシコ代表と対戦する。

注目記事:長友佑都が浦和加入内定MF宮本優太の”衝撃”を語る「メッセージが心に響いた」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads