×
×

キリンが2021年「#届けてキリン ライブ応援」を展開、ピッチ横LEDで応援メッセージを選手へリアルタイムに届ける

来年2021年、キリンチャレンジカップは4試合開催されることが発表された。(C)JFA

キリンチャレンジカップとW杯予選で、日本サッカー界では初の試み!

 キリンビール株式会社(布施孝之社長)とキリンビバレッジ株式会社(堀口英樹社長)は12月16日、「キリンチャレンジカップ2021」として開催される来年4試合に特別協賛すると発表した。また“日本サッカー史上初”の試みとして、ファン・サポーターの応援メッセージをリアルタイムにピッチ横のLED看板に表示する「#届けてキリン ライブ応援」を実施することも決まった。

 キリンビール株式会社とキリンビバレッジ株式会社は日本代表(SAMURAI BLUE)と東京オリンピックを目指すU-24 サッカー日本代表の強化のため、2021年6月と7月に開催される「キリン チャレンジカップ2021」の4試合に特別協賛する。日程と開催地は次の通り。

 (1)
・日時 2021年6月3日(木)ナイトゲーム予定
・対戦 日本代表(SAMURAI BLUE) 対 未定
・会場 北海道/札幌ドーム

(2)
・日時 2021年6月11日(金)ナイトゲーム予定
・対戦 日本代表(SAMURAI BLUE) 対 未定
・会場 兵庫/ノエビアスタジアム神戸

(3)
・日時 2021年7月12日(月)ナイトゲーム予定
・対戦 U-24サッカー日本代表 対 未定
・会場 大阪/長居球技場

(4)
・日時 2021年7月17日(土)ナイトゲーム予定
・対戦 U-24サッカー日本代表 対 未定
・会場 兵庫/ノエビアスタジアム神戸

 また、キリングループは1978年から40年を超えてサッカー日本代表を応援してきた。そうしたなか、2021年は「新しい応援、ひろがる。」をコンセプトに、日本中のサッカーファン・サポーターの応援メッセージをリアルタイムに選手に届ける“日本サッカー史上初”の試みとして「#届けてキリン ライブ応援」を実施する。

 2019年より実施している試合中に応援メッセージを募るTwitter企画では、指定のハッシュタグがTwitterの日本トレンド1位を獲得するなど、ファン・サポーターの一体感を醸成してきた。

 2021年は試合中に募った応援メッセージをリアルタイムにピッチ横のLED看板に表示することで、スタジアムにいなくても、選手のすぐそばに応援を届ける。2021年3月25日のアジア2次予選を皮切りに、「キリンチャレンジカップ2021」で実施予定。

 試合中にLED看板に表示される応援メッセージを通じ、日本中には、日本代表を応援する人がたくさん存在するということを選手に伝え、その応援が選手の力になり、ゴールや勝利につながることで、ファン・サポーターと選手の間に「応援の循環」を生み出すという新しい応援スタイルを、ファン・サポーターとともに創っていく。

 両社は「サッカーが生み出す、高揚感・一体感・ワクワク感を、日本中で分かち合える場を作り出すことで、人や社会を 元気にし、コーポレートスローガン『よろこびがつなぐ世界へ』を実現していきます」と、多くの参加を呼び掛けている。

【Webサイト】 
https://www.kirin.co.jp/csv/soccer/nc/liveled/index.html Twitter : 

【ツイッター】
https://twitter.com/kirin_soccer_nc

【実施日(予定)】
「カタールW杯アジア2次予選」 2021年3月25日(木)
「キリンチャレンジカップ2021」 2021年6月3日(木)、6月11日(金)、7月12日(月)、7月17日(土) 

注目記事:【U-23日本代表】東京五輪へ再出発、上田綺世、橋岡大樹、齊藤未月、郷家友太ら23人が22日から26日まで合宿

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads