香川真司の獲得をギョズテペ、アンタルヤスポルが検討。しかし…信憑性は低い?

香川真司。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

トルコ1部の2チームが名乗り。ベシクタシュ復帰はない?

 スペイン2部リーグ、レアル・サラゴサに所属する日本代表MF香川真司が、チームの全体練習に合流せず、別メニュー調整を続けている。クラブは放出要員として、チーム内で最もサラリーが高額である香川の移籍先探しに、『最優先課題』として取り組んでいる。

 そうしたなか、トルコメディア『フォト・シュポル』はこのほど、トルコ1部リーグの首位に立つギョズテペSK、7位のアンタルヤ・スポルが、香川の獲得を検討していると報じた。アンタルヤ・スポルには2019シーズンまでヴィッセル神戸に在籍し、天皇杯を獲得したルーカス・ポドルスキが所属している。

 一方、香川が2018-19シーズンの終盤に在籍したベシクタシュJKだが、セルゲン・ヤルチン監督の香川に対する評価がそこまで高くないようで、これまで契約交渉は行われていないという。

 ギョズテペSK、アンタルヤ・スポル、両クラブ幹部などのコメントは載っておらず、信憑性は低い。また、ベシクタシュで救世主として脚光を集めた香川自身も、トルコでプレーすることに対し、そこまで積極的ではない印象を受ける。

 ただ、トルコの移籍報道は時々、『大当たり』が出ることがある。今回も、なぜ、その2クラブの名前が挙がっているのかは、注目に値する(日本人選手の獲得を検討している?)。

 サラゴサでは、投資しながら1年での1部昇格を逃したことと新型コロナウイルスによる打撃で、総額44万ユーロ(約5500万円)と言われる香川の給与を支払えない状況だという。昨季の香川のパフォーマンスに対する評価も低い。しかもスペインでは人件費の上限が設定されている。加えて2部リーグではEU外の外国籍選手枠が「2」と限られ、ルベン・バラハ監督はすでに香川以外の選択肢を構想している。

 サラゴサとは今季末まで契約を結ぶ香川だが、スペイン国内への移籍を希望し、唯一、1部昇格を果たしたカディスCFが獲得を検討していると言われる。

 一方、メジャーリーグサッカー(MLS)、カタール、ドイツ、そしてトルコからオファーが届ているようだ。また、「検討されているものを含めるとかなりの量」の打診がスペイン国外のクラブから寄せられていて、そこにはJリーグも含まれる。

 トップ下で思い切ってプレーする――。そのためには、トルコリーグを一つの選択肢に加えても面白いようだが……。サラゴサの意向については把握しているという香川が、果たしてどのような決断を下すのだろうか。

注目記事:U-19代表合宿、内田篤人が「SBなのにスローインが下手だった」と挙げた日本代表選手とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads