見えたリバプール南野拓実の起用法!強力FW獲得もクロップ監督は「中央で使っていく」

南野拓実。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

カラバオカップで2ゴール・1アシストの大活躍。公式戦3試合・3ゴールと好調をキープ。

[カラバオ杯3回戦] リンカーン・シティ2-7 リバプール /2020年9月24日/シンシル・バンク

 イングランド・プレミアリーグ、リバプールFCのユルゲン・クロップ監督は9月24日に行われたカラバオカップ3回戦リンカーン・シティFC戦後のフラッシュインタビューで、この試合2ゴール・1アシストの活躍を見せた日本代表FW南野拓実について「中央でのプレーが中心になってくる」と今後の起用法に言及した。

 レッズの18番はミッドウィークに行われたカラバオカップ3回戦にセンターフォワードとして先発出場を果たす。すると1点リードで迎えた18分、相手ゴール前でのパスミスからのこぼれ球に南野が鋭く反応し、ダイレクトでミドルシュートを突き刺した。さらに46分、ウェルダン・シャキリのシュートのこぼれ球に、再び南野が反応。右足で冷静に押し込み、リードを5点に広げた。

 さらに終了間際の89分にはカウンターから南野がドリブルでボールを運び、右サイドにいたディボック・オリギにスルーパス。オリギがミドルレンジからシュートを突き刺し、7点目をもたらした。

 7得点で快勝したリバプールは4回戦に駒を進めた。4回戦は現地時間10月1日(日本時間2日3:45分開始)、ホームのアンフィールドでアーセナルFCと対戦する。

 南野が活躍を見せた一方、リバプールは9月19日にウォルバーハンプトン・ワンダラーズFCからポルトガル代表FWディオゴ・ジョタを完全移籍で獲得した。ジョタはウイングをメインとしながらもセンターフォワードでもプレー可能である。その前線のタレントの獲得により、今後の南野の起用法についても注目が集まっていた。

 そうした状況にクロップ監督は「中央でのプレーが中心になってくる」とし、トップ下またはCFでの起用が中心になっていく考えを示した。

「タキ(南野の愛称)は今後、中央でのプレーが中心になってくると思います。たとえ右ウイングや左ウイングでプレーした時でも、彼は最終的に中央よりのポジションでプレーします。本当の強みを発揮するのは中央のポジションでプレーすることです」

 チームに変化が必要な時、変化を与えたい時、布陣を4-3-3から4-2-3-1に変更し、南野をトップ下に配置する。そのようなクロップ監督の意向が感じられる。

 南野は今シーズン公式戦3試合(125分)に出場し、3ゴールを記録するなど順調な滑りだしを見せている。この好調を維持しつつ、プレミアリーグでの出場時間を増やし、初ゴールも決めたい!

注目記事:香川真司がログローニョ移籍“合意”を拒否、ラージョ・バジェカーノへの移籍を希望

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads