×

中島翔哉がポルトの練習不参加に。移籍濃厚もアル・アイン行は“拒否”か

中島翔哉。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ポルトガルメディアが仲介人と連絡を取ったところ――。

 FCポルトのMF中島翔哉が全体練習から外れた。1か月以上出場機会がなく、今度こそ移籍濃厚のようだが、有力視されていたアラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインFC行きは断ったと見られる。果たして、どうなるのか。

 ポルトガルメディア『マイス・フッチボル』は1月12日、日本代表の10番を背負ってきた中島がポルトの練習に参加していないことを確認。1月のウインドーでの移籍が有力視されるが、状況は混沌としていると伝えた。

 中島にはUAEの首都アブダビを本拠地とするアル・アインからオファーがあり、「今シーズン末までの期限付き移籍+4000万ユーロ(約51億円)の買い取りオプション(コールオプション)」の条件で、ほぼ合意に至っていた。ところが記事によると、中島がこの移籍を拒否し、ヨーロッパに留まることを希望したそうだ。また、12日(日本時間13日)に行われたポルトガル1部のアウェーでのCDナシオナル戦で中島はメンバー外に。その直前の全体練習にも不参加だったということだ。

 同メディアは中島の仲介人にどのような状況になっているのか確認を取った。しかし交渉の進捗状況や条件について何も説明したくないと言われたということだ。

 中島は今シーズン、これまでポルトガル1部4試合・1アシスト、欧州UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ(GS)4試合に出場。ただ昨年12月5日のCDトンデラ戦(〇4-3)に途中出場したあと、出場機会を得られずにいた。日本代表通算は19試合・5得点。

 ポルトはポルトガル1部、10勝1分2敗(35得点・16失点)の勝点31で、首位スポルティング・リスボンから4ポイント差の2位につけている。

 様々な駆け引きがありそうだが、何より中島の意思が優先された新天地を見つけ出すことはできるか――。

注目記事:久保建英とW補強だ!バルサMFアレニャのヘタフェ期限付き移籍も秒読み

[文:サカノワ編集グループ] 

 

Ads

Ads