奥川雅也が電撃移籍!ビーレフェルト監督「堂安律と特長似ている」。SDは獲得の狙いを明かす

奥川雅也のビーレフェルト移籍が決定!公式サイトで大々的に伝えている。※『ビーレフェルト公式サイト』のフロントページより

買取オプション付き。1部残留への切り札に!

 ドイツ・ブンデスリーガ1部のアルミニア・ビーレフェルトは1月31日、オーストリア1部のRBザルツブルクから奥川雅也(OKUGAWA Masaya)をレンタル移籍で獲得した。ビーレフェルトは完全移籍での買い取りオプション付きであると公表している。日本代表の堂安律とチームメイトになる。

 奥川は今シーズンこれまで公式戦47試合に出場して14ゴール・8ゴールをマーク。UEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでは、昨季王者のバイエルン・ミュンヘンから69分に一時2-2に追い付くファインゴールを決めていた(しかし2-6で敗れる)。

 ビーレフェルトは公式サイトで「Yokoso, Masaya Okugawa! 」と歓迎。スポーツダイレクターのサミール・アラビ氏は、次のように奥川獲得の狙いを語っている。

「マサヤはとてもクリエイティブなプレーヤーで、ザルツブルクで非常に良い鍛錬を積んできました。それらが私たちの勝利のために有効だと考えました。彼はプレーのクオリティのみならず、メンタリティの面でも、とても説得力を持っています」

 また、ビーレフェルトのウーヴェ・ノイハウス監督は「堂安律に似ている」と期待を寄せる。

「マサヤはタイプ的にはリツ・ドウアンと似ています。彼は創造的なたくさんのアイデアを持ち、前を向いてのフィニッシュだけではなく、アシストも力強く得意としています。彼がいれば、私たちのフィニッシュの脅威は一段と増すでしょう」

 今季1部昇格を果たしたビーレフェルトは現在5勝2分11敗(14得点・29失点)の勝点17で18チーム中15位と健闘、ギリギリ残留圏に位置している。日本時間31日23時30分からは2ポイント差に迫る、プレーオフ圏16位の1.FCケルンと対戦する。

 奥川には1部残留への切り札として期待が膨らむ。何より堂安との創造性溢れるコンビで、たくさんのゴールを量産したい。

注目記事:【浦和】橋岡大樹のシントトロイデン移籍が決定。現地サイトで「皆さんに勇気、元気、そして感動を与えます」と決意。西野TDも「世界で活躍する選手に」と期待

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads