×
×

「チャンピオンになる」本田圭佑、ネフチ・バクー加入決定!背番号は「4」

海外日本人

日本代表本田圭佑ネフチ・バクー

サカノワスタッフ

ネフチ・バクーの本田圭佑。(C)Neftchi PFK

アゼルバイジャン首位チーム、今夏までプレー。契約延長の可能性も。

 MF本田圭佑が3月15日、アゼルバイジャン1部のネフチ・バクーに加入した。同国やロシアの報道によると、契約は今シーズン末まで。新シーズンへ延長する可能性もあるという。背番号は「4」に決まった。

 本田はこれまでにクラブの公式インスタグラム( @pfcneftchi )でメディカルチェックを受けたことを報告。そして現地時間15日午後5時から、ズームを活用して記者会見を行った。そこで本田は契約書にサインしたうえで、背番号「4」、そして「HONDA」と書かれたユニホームを披露。現在同国1部リーグ首位に立つアゼルバイジャンリーグで「チャンピオンになる」と決意を示した。

 ワールドカップ(W杯)3大会連続でゴールを決めている34歳のレフティは、これがプレーする8か国目になる。本田は英語で、「ここに来ることができて嬉しく思います。今シーズン、チャンピオンになりましょう。とはいえ、それが難しいことだとは知っています。ライバルは非常に強いチームであると聞いています。チームみんなで力を合わせて、チャンピオンになりましょう。みんなで幸せになりましょう」と決意を示した。

 本田は昨年12月、契約オプションを行使してブラジル1部ボタフォゴFRを退団。そのあとポルトガル1部のポルティモネンセSCへの加入を、自身とクラブが発表した。しかし移籍期限を“勘違い”し、選手登録期限に間に合わず。そのため本田はフリーの立場になり、改めて新天地を探していた。

 ネフチ・バクーは現在、リーグ13勝3分4敗の勝点42で首位に立っている。最大のライバルであるカラバフFKとは勝点で並んでいる。リーグは国際Aマッチデーまで約2週間の中断期間に入っている。

注目記事:【日本代表】「日韓戦中止」の賛同数、1万3千人突破。しかし韓国政府が動くノルマは…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads