仲川輝人「優勝しましょう!」。横浜FMが鹿島を下してルヴァン杯決勝進出

横浜F・マリノスの仲川輝人。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

粘る鹿島は昌子投入も実らず…。 

[ルヴァンカップ 準決勝 第2戦] 横浜FM 2-2 鹿島/2018年10月14日/ニッパツ三ツ沢球技場
※2試合トータル4-3で、横浜FMが決勝進出。

 横浜F・マリノスが準決勝第2戦を2-2で引き分け、2試合トータルスコア4-3で17年ぶりの決勝進出を果たした。鹿島は後半に2点を返したものの、この日の2失点目(2戦合計の4失点)が響いた。

 横浜FMは天野純を中心に攻撃を展開。20分、天野のシュートが弾かれ、そのこぼれ球をウーゴ・ヴィエイラが押し込み先制点をねじ込む。さらに34分、左サイドを抜け出した天野からゴール前へのパスを仲川輝人が合わせて、この試合2-0とリードを広げた。

 後半開始から鹿島はセルジーニョを投入して反撃を開始。GK飯倉大樹のミスパスを土居聖真が押し込み1点を返す。さらに安西幸のクロスをセルジーニョが高い打点のヘディングシュートで押し込み、この試合2-2に。アウェーゴールルールにより、あと1点を奪えば逆転できる状況に持ち込む。さらに昌子源を投入して、西大伍を中盤に配置。攻撃をさらに強めた。

 しかし、横浜FMも集中力をさらに高めて逃げ切りを図る。最後はカウンターを織り交ぜながら全員で守り切り、この試合2-2、2試合トータル4-3で勝利。10月27日の埼玉スタジアムでの決勝にコマを進めた。

 2点目を決めた仲川は「(ゴールシーンは)あれがマリノスのサッカー。(天野)純くんが流れるように飛び出し、そこからボールが出てくると分かっていた。チームでやってきた練習通りに、決めることができた。チーム一丸となって優勝しましょう!」と呼び掛けた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads