ACL男!4戦連発の鹿島セルジーニョ「決勝の切符ではない、トロフィーを掴み取るんだ」

鹿島アントラーズのFWセルジーニョ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

加入後からすべてのACLの試合でゴールを決める。

[ACL準決勝 2nd-leg] 水原三星 3-3 鹿島アントラーズ/2018年10月24日/水原ワールドカップスタジアム
※2試合トータル6-5で鹿島が決勝進出

 鹿島アントラーズが水原三星との準決勝の激闘を制し、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で初の決勝進出を決めた。アウェーで迎えた第2戦、60分にこの日の3点目を決められ、トータルスコア5-4と一時逆転された。しかし、そこから64分に西大伍、82分にセルジーニョがゴールを決めて、再逆転に成功した。

 セルジーニョは鹿島への加入後、これでACLの準々決勝から4試合連続ゴール。いずれも貴重な場面で奪ってきた。

 この試合では鋭くゴールに向かう精度の高いFKで山本の先制点をアシストしていた。そしてさらに2-3(トータルスコア5-5)で迎えた82分、西大伍のスローインがペナルティエリア内の鈴木優磨へ。そのこぼれたボールを、セルジーニョが素早くワンタッチから突き刺して、これが決勝点になった。

 試合後、セルジーニョは次のように興奮気味に語った。

「(4試合連続ゴールでの勝利に)チーム全員、チームメイトのお陰でゴールを決めることができた。スタッフも最善の準備をしてくれた。とはいえ決勝の切符を手にしただけであって、トロフィーを掴むために戦いたい」

 彼はそのように、あくまでACLのトロフィーを掲げることのみに執着していた。そして次のようにゴールシーンを振り返った。

「スローインへ鈴木(優磨)が競りに行き、『こぼれてくれ!』と狙ってと飛び込んでいったら、本当にこぼれてきてくれた。(ジーコ・テクニカルディレクターからは)『決勝で負けたら、何の意味もない』と言われている。チームメイトと力を合わせて、全力でトロフィーを獲りに行くよ」

 彼はそのように決意を示した。

 決勝は11月3日にカシマスタジアム、10日にアウェーで行われる。対戦相手はイランのペルセポリスで、鹿島と同じく初の決勝進出となる。アジア王者になるためにも、まずセルジーニョの”5試合連続ゴール”に期待だ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads