山中、原口、大迫、中島。日本代表が多彩な4得点でキルギスに快勝

代表デビュー戦で、山中(右)が決めた!三竿と歓喜!! 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

アジアカップへ勢いを付ける快勝。後半途中から主力メンバーが登場、攻め続ける。

[キリンチャレンジカップ] 日本 4-0 キルギス/2018年11月20日/豊田スタジアム

 日本代表が山中亮輔、原口元気、大迫勇也、中島翔哉の4ゴールで、キルギス代表に快勝を収めた。森保一監督の就任から4勝1分と無敗のまま2018年の活動を終了。来年1月のアジアカップに臨むことになる。

 日本は16日のベネズエラ代表戦からスタメン全員を入れ替えた。開始2分、山中が代表デビュー戦のファーストタッチで初ゴールを決める”偉業”を達成。さらに攻め続け、19分、原口が直接FKから2点目を奪う。

 その後は停滞感が漂ったものの、森保監督は後半途中から堂安律、柴崎岳、大迫勇也、中島翔哉、南野拓実と、ベネズエラ戦に先発した中心メンバーと言える選手たちを次々に投入する。

 すると選手たちはその期待に応えて、チーム全体を活性化させ、再びキルギスゴールに猛然と襲い掛かる。

 72分、北川航也のパスを大迫が正確なショットでねじ込み3点目。これでキルギスの選手たちが気落ちしたところを見逃さず、1分後、南野→堂安→中島と、鮮やかなコンビネーションからトドメの4点目を突き刺した。

 森保監督の就任後、これで4勝目。今回はFIFAランキング90位と日本の50位よりも大きく下回る相手だっただけに、安易には評価できないかもしれない。それでも、来年1月にUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるアジアカップに向けて勢いを付ける多彩な4ゴールであり1勝となった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads