西川周作が親友・梅崎司のゴールに「湘南を背負っていると感じた」

浦和レッズのGK西川周作。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

浦和はリーグ戦でのACL出場権獲得の権利を失う。残すは天皇杯のみ――。

[J1 33節] 湘南 2-1 浦和/2018年11月24日/Shonan BMWスタジアム平塚

 浦和レッズのGK西川周作は湘南ベルマーレに敗れた一戦、大分トリニータユース時代から、大分そして浦和レッズのチームメイトであり親友でもある梅崎司に決められた先制点について、次のように振り返った。

 浦和に主導権を握られながらも耐えて迎えた20分だった。森脇良太の背後を突いた梅崎がカウンターで抜け出して西川と1対1に。西川の間合いに持ち込もうか……という直前のタイミングで、梅崎のトゥーキックによるシュートが浦和のゴールネットに突き刺さった。

「彼のアイデア。本当に湘南を背負っているなと感じました。要所、要所のプレーで、彼自身キレているな、と試合をやりながら感じました」

 梅崎のそのワンプレーが、結果的に試合の趨勢を決めた。その後、西川も好セーブを見せたものの、浦和は1-2で敗れて勝点を獲得できず。リーグ戦でのアジアチャンピオンズリーグ出場権獲得(4位も含め)の権利は消えた。

 アジアの舞台に立つためには、残すは天皇杯を制するしかない。

「チームを救うようなプレーを心掛けてやっていきたいですし、最終節は勝ってリーグを終えて、ACLの舞台に戻るためには、天皇杯を獲るしかない。今一番強いチーム。しっかり勝って、決勝の舞台に立ちたいです。ケガ人も戻ってきたなかで、しっかり一つになって戦い、最後、天皇杯を掲げたいです」

 西川はそのようにホームでの最終節・FC東京戦(12月1日/埼スタ)、そして天皇杯の準決勝鹿島アントラーズ戦(12月5日/カシマ)に向けて決意を示した。しかも天皇杯は勝ち上がれば、12月9日、埼スタでのファイナルが待っている――。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads