【J最優秀選手】家長昭博の受賞スピーチ全文「平々凡々な記録で心苦しいですが本当に有難うございます」

2018年Jリーグ最優秀選手賞を受賞した家長昭博。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

史上初の同一チームから3年連続の受賞。

 今シーズンのJリーグの各賞を表彰する2018Jリーグアウォーズが12月18日に横浜アリーナで行われ、最優秀選手賞(MVP)に川崎フロンターレのMF家長昭博が選ばれた。川崎からは史上初の3年連続での同賞受賞となった。

 家長はおもに右サイドアタッカーとして今季32試合出場、6得点7アシストを記録。攻撃を牽引し、リーグ2連覇に大きく貢献した。

 家長が語った受賞スピーチ全文は次の通り。

――・――・――・――・――

 こんばんは、川崎フロンターレの家長です。

 こういう場で喋ったことがないので、手短にいきたいと思います。

 本当にこのような名誉ある賞を6得点7アシストというちょっと平々凡々な記録でもらうのは心苦しいのですが、本当に有難うございます。

 日ごろなかなか言う機会がないので、川崎のみんなに感謝の気持ちを伝えたいです。

 また、川崎の会社の方々、そして監督、コーチングスタッフの皆さま、偉大なるチームメイトのみんなに支えられて、この賞を獲れました。本当に有難うございます。

 何より自分自身のサッカー人生を一番傍で支えてくれている家族に、感謝したいと思います。

 もう喋ることがないのですが、ノボリが桶を上げたようにやってみたいので、ぜひ川崎のサポーターの皆さん、お声をお願いします。

(ヨ、ヨ、ヨ、ヨ、ヨ!)

 そ、そ、そんなでしたっけ? オーーじゃなかったでしたっけ。

(オーーー)(家長がクリスタルトロフィを掲げる)

 有難うございます。

二人の子供も祝福に駆け付けた。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
プレゼンターの矢部浩之から表彰盾を受け取る家長。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads