【移籍情報】佐藤寿人が千葉に18年ぶり復帰「勇人と一緒にJ1の舞台へ」

名古屋から千葉への移籍が決まった佐藤寿人。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

名古屋から完全移籍で加入。J1復帰へキャリアのすべてを懸ける!

 ジェフユナイテッド市原・千葉は12月19日、名古屋グランパスから佐藤寿人を完全移籍で獲得したと発表した。

 佐藤は1982年3月12日生まれ、36歳。170センチ、70キロ。埼玉県出身。 

 これまでの経歴は、ジェフユナイテッド市原ジュニアユース―市原ユース―市原―セレッソ大阪(期限付き移籍)―ベガルタ仙台(期限付き移籍)―仙台―サンフレッチェ広島―名古屋グランパス。千葉(市原)にはジュニアユース時代の1994年からトップチームの2001年まで、8年間にわたり在籍していた。

 今季は名古屋でJ1・9試合0得点を記録。Jリーグ通算529試合216得点(J1通算404試合161得点、J2通算125試合55得点)。千葉(市原時代含む)での通算は22試合2得点。

 佐藤は次のようにコメントしている。

「この度、18年ぶりにジェフユナイテッド市原・千葉へ復帰することとなりました。

 アカデミーとプロ生活と合わせて8年間、ジェフのエンブレムを身にまとって戦ってきましたが、その後のキャリアで積み上げてきたものは、素晴らしい指導者に恵まれたジェフのアカデミーとプロでの時間で培われたものだと思います。

 復帰にはなりますが、J1昇格という明確な目標を達成するべく自分自身チャレンジしていきたいと思います。

 また、クラブを長年引っ張っている兄の勇人の存在は、自分にとっても特別です。

 勇人と一緒にJ1の舞台へ。

 自分自身、ジェフと離れている時間が長い分、まずは皆さんに認めてもらえる結果を出していけるよう、覚悟を決めて戦いたいと思います」

 2012年にJ1リーグ得点王と最優秀選手賞を受賞した左利きのストライカーが、古巣のJ1復帰のために、これまで培ってきたキャリアのすべてを懸ける。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads