移籍期限は今日!原口元気にイングランドから期限付き移籍の申し出か

ハノーファーの原口元気。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

プレミアのワトフォードと2部ダービーから。しかしワトフォードが先程アーセナルFWの獲得を発表…。

 今季ブンデスリーガ2部に今季降格したハノーファー96に所属する日本代表MF原口元気に、8月8日、イングランドへの移籍の可能性が浮上した。しかも同日がプレミアリーグとチャンピオンシップの移籍期間の最終日である。果たして、実現なるか――。移籍専門サイト『トランスファーマーケット』が報じた。

 記事によると、プレミアリーグのワトフォードFCと実質2部のチャンピオンシップのダービー・カウンティFCからハノーファーに、レンタルでの獲得について問い合わせがあったという。

 しかし、ワトフォードはつい先ほど、アーセナルFCから元イングランド代表FWダニー・ウェルベックの獲得を発表。ハビ・グラシア監督は「センターフォワードもウイングもこなせる。貴重なオプションになる」と語っている。同日中のさらなる獲得は可能性はさすがに低いか……。

 一方、ダービーは昨日、ウェイン・ルーニーが来年1月に加入し、選手兼コーチを務めると発表した。果たして、原口とのコンビ結成なるだろうか。

 ハノーファーで2年目を迎える原口は、練習中からミルコ・スロムカ新監督と頻繁に口論を繰り返していることについて、メディアでも取り上げられてきた。そのため、クラブ首脳は移籍を容認するスタンスだが、2021年6月まで契約を残すため、違約金(移籍金)の高さがネックになっていたという。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場しベルギー戦でゴールを決めた原口だが、昨季ハノーファーではブンデス1部28試合0得点に終わっている。今季はVfBシュトゥットガルトとの開幕戦には先発で出場したものの、2節レーゲンスブルク戦はベンチで過ごしている。

関連記事:【ヘルタ時代】原口元気が打ち明けた覚悟。「大丈夫。俺は乗り越えられる」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Genki HARAGUCHI of Hannover 96 transfers to Watford FC or Derby County FC?

Ads

Ads