横浜FMユースのブラウンノア賢信が国際大会で、高さ、強さ、速さ…特長凝縮の2ゴールで可能性を示す!

清水ユース戦で2ゴールを決めて、Jリーグ国際ユース杯で得点王に輝いたブラウンノア賢信。(C)SAKANOWA

「持ち味を前面に出せた」と、計3ゴールで得点王に。

[Jリーグインターナショナルユースカップ] 横浜FMユース 2-1 清水ユース/2018年12月23日/長野市営陸上競技場  

 横浜F・マリノスユースのFWブラウンノア賢信が12月23日の清水エスパルスユース戦で後半から出場し、2ゴールを奪ってチームを逆転勝利に導いた。この2ゴールで大会3得点に伸ばし、青島太一(清水ユ ース)、ジョン・ソンヒョン(浦項スティーラーズ)とともに大会得点王を受賞した。

 高さ、強さ、速さの三拍子揃った、見事な2ゴールだった。

 40分ハーフで行われるなか、投入間もない後半5分、左サイドからのクロスにファーサイドへ抜けながら合わせる難しいジャンプヘッドで、相手DFを圧倒してゴールネットを揺らした。さら後半18分、再び左サイドからのクロスに今度は胸トラップからDFとGKをかわし、左足でシュートを流し込んだ。

「ゴールが必要な状況で、いい形から2点を決められました。(1点目は)いつも自主練で取り組んでいる、まさにその通りの形からゴールを決められました。(2点目は)自分のスピードを生かして、ハイボールから抜け出してフィニッシュまで持ち込めました。持ち味を前面に出せました」

 ブラウンはそのように喜んだ。

 U-17日本代表にも選ばれる、将来が楽しみなストライカーだ。ただ選手層の厚い横浜FMユースでは、これまで公式戦では先発で出場する機会を得られずにいた。1、2年生の新チームで臨んだこの大会、初めて先発にも名を連ね、この試合では「連戦なので全員にチャンスを与え、チームの総合力で臨んだ」(西谷冬樹監督)という勝負どころで起用されて結果を残した。

 そのなかで、「海外のチームと戦える機会で、自分のフィジカルがどれぐらい通じるか試せる機会だと思っていましたが、負けてしまうこともあったのでまた強化が必要だと実感しました」と課題を見出せたことも、プラス材料に挙げられる。

「この大会で初めてスタメンで出場できました。体力的にキツイのかなと思っていたけれど、予想以上に動けて、自分のいいところを出すことができました。来年はプリンスリーグ優勝して、全国大会でも優勝したいです」

 ブラウンは手応えを掴み、2019年へ――。勝負であり、楽しみな最終学年を迎える。 

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads