トルクメニスタン戦ハーフタイムデータ分析│枠内シュート数が同数、ファウル数も上回る

(C)SAKANOWA

日本代表、枠内シュート3本対3本、枠外シュート5本対1本。

[UAEアジアカップ GS1節] 日本 – トルクメニスタン/2019年1月9日/アル・ナヒヤン

 アジアカップのグループステージ初戦、日本は0-1とトルクメニスタンにリードを許して折り返した。

 前半のデータは次の通り。日本がボール支配率71.0パーセントと圧倒的に主導権を握り、シュート数は12本対4本と上回っている。しかし枠内シュート数は3本対3本と同数、枠外シュートが5本対1本と、いい形でフィニッシュに持ち込めずにいる。

 またファウル数が5回対3回と、日本のほうが多いのも気になる点。カウンターを食らった際、ファウルでやむなくプレーを止めている状況が目立つ。

 相手がゴール前を固めている状況とはいえ、どのようにゴール前のプレー精度を上げるかが後半の課題になる。後半開始からの選手交代は両チームともになし。

□日本対トルクメニスタン戦
ハーフタイムデータ
※AFCまとめ
       日本  トルクメニスタン
得点数               0点    1点 
シュート    12本   4本
枠内シュート  3本   3本
ブロックシュート 2本  0本
枠外シュート  5本   1本

ボール支配率 71.0% 29.0%
ドリブル成功率 43.2% 56.8%
空中戦勝率   63.6% 36.4%
インターセプト 6本   7本
オフサイド   1回   0回
コーナーキック 2本   2本

パス数     362本  147本
ロングパス    25本  31本
パス成功率   89.2%  63.9%
敵陣パス成功率 85.4%  38.8%
クロス本数    9本   5本
クロス成功率  55.6%  20.0%

タックル数   6回    9回
タックル成功率 50.0%   66.7%
ファウル数   5回    3回
イエローカード 1枚    0枚
レッドカード  0枚    0枚

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads