【U-23日本代表】国内2試合の中止決定。東京五輪へ森保一監督は「あらゆる状況を想定し模索しながら進みたい」

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

親善試合で予定されていた京都での南アフリカ代表戦と福岡でのコートジボワール代表戦。

 公益財団法人日本サッカー協会( JFA )は3月6日、新型コロナウイルスの感染拡大とその予防に伴い、開催予定だった3月27日のU-23日本代表対U-23南アフリカ代表(京都/サンガスタジアム by KYOCERA)と3月30日のU-23日本代表対U-23コートジボワール代表(福岡/博多の森球技場)の国際親善試合2試合を中止すると発表した。

 JFAは「現在の様々な状況を考慮し、南アフリカサッカー協会、 コートジボワールサッカー協会と協議を重ねた上での決定です。前売りチケットをお買い求めの方に対しましては、後日払い戻しを行います。払い戻しについての詳細は決定次第、お知らせします。なおU-23日本代表の今後の活動については、情勢等をさらに見極めたうえで決定し、あらためてお知らせします」と説明し、理解を求めている。

 日本代表とU-23日本代表を兼任する森保一監督は、次のようにコメントしている。

「京都、福岡での試合を楽しみに待ってくださっていた方々、ここまで試合準備に携わっていた方々に感謝申し上げます。2会場での試合が中止となり、心苦しい思いです。みなさんと、再びスタジアムで、スポーツの醍醐味を分かち合える日を心待ちにしています。東京五輪で目標を達成し、みなさんに喜んでいただくために。あらゆる状況を想定しながら、その時々で、選手、チームにとってのベストを模索しながら進んでいきたいと考えています」

 U-23日本代表は今後、東京オリンピックに向けて、5月17日から5月19日までレーニングキャンプ(Jヴィレッジ)、6月1日から15日まで海外遠征(フランス)、7月6日から17日までトレーニングキャンプ(兵庫)を予定している。東京五輪でのサッカー競技は7月22日から8月8日までを予定している。

関連記事:久保レアル復帰の命運担う!?ヴィニシウスに待つスペイン国籍取得への一般常識試験

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads